チャットレディは源泉徴収をしてもらえるの?確定申告は必須?|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディは源泉徴収をしてもらえるの?確定申告は必須?

チャットレディは源泉徴収をしてもらえるの?確定申告は必須?

チャットレディに源泉徴収ってあるの?確定申告はなぜ必要?

チャットレディとして働きたいと思い、インターネット上で調べていると様々な情報が出てきます。その中で、源泉徴収や確定申告といった情報もよく目にすることでしょう。

結論から言うと、チャットレディに源泉徴収というものはなく、確定申告というものは必要になるということです。
税金に知識がない人からすると、こういった難しい言葉を聞いたことによって不安が大きくなることもあるかもしれません。

今回の記事では、チャットレディに源泉徴収がないのはなぜなのか、確定申告はなぜ必要で、どうすればいいのかということをご紹介していきます。

チャットレディに源泉徴収がないのはなぜ?

チャットレディに源泉徴収というものはないということを、冒頭でお伝えしました。源泉徴収がないという事実があるのに、なぜチャットレディのことを調べるとこの言葉が出てくるのでしょうか。

そもそも源泉徴収とは何なのか、なぜチャットレディには源泉徴収がないのかということをご紹介していきましょう。

源泉徴収って何?

源泉徴収とは、毎月の給料から所得税や住民税などの税金額をあらかじめ天引きしておくことを指します。会社などに勤めている会社員やアルバイト社員、パート社員である給与所得者の人は給与明細を見てみてください。

毎月天引きされている理由は、本来税金というのは1年に1回所得を計算して翌年に税金を払うというサイクルができているため、その分会社が毎月天引きした分を毎年その人の分として税金を納めてくれています。

所得の計算まで会社が行ってくれて、毎年大きな金額を一気に払わなければいけないということがなくなるため、とてもありがたい制度だといえるでしょう。税金を払い忘れるという心配もなくなります。

また、年末調整後に天引きした金額が多かった場合、あまりの金額がもらえるので毎年嬉しくなりますよね。

業務委託に源泉徴収はない

源泉徴収というありがたい制度を、なぜチャットレディはしてもらえないのでしょうか。それは、チャットレディは会社に雇用されている従業員ではなく業務委託で報酬を受け取る身だからです。

業務委託で仕事を請け負う個人事業主の場合、給与所得ではなく報酬としてお金を受け取ります。そのため、給与から天引きということ自体が不可能になっています。

チャットレディはどのように税金を納めるのかというと、2月~3月の指定された時期に確定申告を行う必要があります。確定申告で収入や経費を申告し、そこから算出した税金を自分で納めるという手順です。

確定申告を行うことで納税の義務を果たせることはもちろん、引っ越しなどの審査の際に収入証明書や所得証明書の提示が必要になるときがあります。こういったときに提示するものがないと困るので、申告はしっかり行いましょう。

源泉徴収がないと大きなデメリットになるのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、給与所得の場合は一定の決まった給与しか支給されませんが、業務委託の場合は報酬なので頑張った分の収入を無限に得ることができるというメリットがあります。

働き方も自由なので、メリットの部分は大きく違いますがデメリットだけというわけではありません。

チャットレディは源泉徴収がない代わりに確定申告が必要

チャットレディには源泉徴収がない分、確定申告や納税をしなければいけません。源泉徴収よりは面倒だということはわかったかもしれませんが、確定申告自体どうすればいいのかがわからないという人も多いでしょう。

確定申告について詳しくご紹介していきます。

業務委託の仕事は確定申告必須

会社員であれば売り上げた分インセンティブとして数万円もらえることもありますが、必要経費を抜いても会社に大きな利益を残しながら受注を上げた社員にはほんの数パーセントだけという実情です。

中にはインセンティブはもらえず、給料だけ基準より高めに設定されているという場合もあります。

業務委託であればそういったこともなく、頑張れば頑張った分だけその報酬をそのまま受け取ることができるというメリットがあります。
時間に対しての報酬でなく、どんなに短時間しか働いていなくても爆発的に稼ぐことができれば効率的に高収入を得ることが可能なのです。

しかし、そのままの報酬を受け取るということは、もちろん源泉徴収などはしてもらえません。すべて自分で収入を申告し、税金を納める必要が出てきます。

確定申告は基準の収入に満たない場合は申告不要ということを、ネットで見たことがあるかもしれません。しかし、収入が少しでもあれば確定申告は必須です。

脱税行為をしてしまい、後々多額の税金を徴収されるという事態にならないように、しっかり確定申告を行いましょう。

確定申告には様々な選択肢がある

確定申告には様々な選択肢があります。申告方法には二通りあり、e-Taxによる電子申告か印刷による税務署への提出という方法です。

e-Taxでの申告は印刷の手間が省けて簡単ですが、マイナンバーカードやID・パスワード形式の届け出が必要になってきます。もしマイナンバーを作っていなかったり、機械操作は苦手だという人の場合は印刷して提出のほうがいいのかもしれません。

しかし、近年e-Taxでの申告を政府が推進してきているので、会計ソフトなどを利用して簡単に申告するほうが今後のためにもいいかもしれないですね。

また、申告書にも種類があります。事業所得や不動産所得がある人以外は所得税の申告のみになります。チャットレディの場合は事業所得になるので、白色申告書か青色申告書が必要になってきます。

青色申告を選択する場合、所得税の申告の他に決算書や収支内訳書、必要に応じて消費税の申告書も必要になってくるでしょう。
青色申告は白色申告に比べて複雑ですが、控除額も大きいので節税対策になります。会計ソフトを使えば簡単に青色申告ができるのでおすすめですよ。

決算書、収支内訳書を作成後、所得税の申請書を作成しましょう。

そして確定申告書にはほかにも種類が存在します。「給与・年金専用」である確定申告書Aと「すべての所得対象」である確定申告書Bです。

給与・年金所得はチャットレディに当てはまらないことがわかると思うので、確定申告書Bを選択してください。

確定申告の入力方法

確定申告については、確定申告ソフトや国税庁サイト内の確定申告書等作成コーナーで入力するとスムーズに行えます。

チャットレディは事業所得にあたると説明しましたが、雑所得として申告することも可能です。どちらかあてはまるほうで入力を行ってください。

ここで気を付けたいのが、チャットレディを副業としている場合は本業で得ている所得分の入力も忘れないようにするということです。入力する旨が表示されるので安心してください。

所得金額の入力後、所得控除、税額控除、その他の項目の入力へ進みます。所得控除の中には、条件などなく一律で受けられる基礎控除、その他医療費控除や配偶者控除などがあります。

医療費控除を受けられる対象になるかどうかは、1年間たってみないとわかりません。毎年1月から病院に行ったり薬を処方された際には、領収書を保管する癖付けをしてください。

社会保険料控除には、国民健康保険料や国民年金保険料などもあてはまります。控除の種類はたくさんあるので、しっかり把握して節税対策を行いましょう。

税額控除・その他の項目のところには、投資や住宅の購入などがかかわってきます。投資を行っていたり、自分名義の住宅を持っていてローンを払っている場合など、こちらに当てはまります。

よくわからないという人は、項目の解説にすぐアクセスできるので安心してください。
表示に従って入力することで確定申告書の入力は完了です。

確定申告に添付する必要のある書類

確定申告書には添付する必要のある書類があります。

  • 身元確認書類・・・マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードやマイナンバーの記載された住民票の写しと一緒に運転免許証などの身分証明書
  • 源泉徴収票や支払調書・・・本業の収入などの申告した内容に関わる書類
  • 各種控除証明書・・・生命保険料や国民年金など、控除対象になるものの証明書

上記のようなものを添付する必要があります。
添付し損ねると損をする場合もあるので、書類は常に保管する癖付けをしていてください。

確定申告に間違いがあるとペナルティが

確定申告書は1年間コツコツつけた帳簿をもとに金額を入力します。その他様々な数字の入力が必要になりますが、これらをすべて正確に記入する必要があります。
間違いがあれば、申告加算税や延滞税といったペナルティが課されてしまうのです。

実際に支払う税金以上の金額を払わなければいけないとなると、大きな負担になることでしょう。かといって、絶対に正確にできるかというと不安もあります。その場合は、確定申告会場で相談員に相談をするか、確定申告の時期前に税務署に相談に行くなどすると安心ですよ。

また、税金を安くする節税のためには、必要経費の計上を行います。必要経費の計上を行うには、領収書や支払い明細等をしっかり保管する必要があります。

必要経費は説明が必要になるので、用途を帳簿の備考欄に書くなどの管理が必要です。

チャットレディに源泉徴収がないことが不安なら代理店登録がおすすめ

チャットレディは一般的な会社員のように源泉徴収は受けられません。その代わり、頑張った分だけ満額で報酬を得ることができます。これがチャットレディは高収入であるということの理由の一つです。

源泉徴収がないので、確定申告をしなければいけないこともわかりました。確定申告は、慣れるまでは相当難しいと思います。税金の知識がなければ、正直やりたくないと思ってしまうかもしれません。

自分一人でやる自信がないという人には、代理店登録をおすすめします。代理店には経理スタッフや顧問税理士がついている場合があるので、確定申告の相談をすることができますよ。
しかし、どこの代理店でも確定申告の相談にまで乗ってもらえるというわけではありません。代理店選びが重要になってくるのです。

おすすめの代理店は、チャットレディAliceです。アリスは人気ランキングで常に上位の代理店で、経理スタッフも顧問税理士もついているので確定申告や節税対策の相談にも乗ってもらえます。

扶養内で働きたいという学生や主婦、会社にバレたくない本業ありの会社員、様々な相談に親身にのってくれます。もちろん稼ぎ方のコツや方法も教えてもらえますよ。

少しでも気になったらアリスに電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP