チャットレディは必見!給料制度と関係してくる税金について|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディは必見!給料制度と関係してくる税金について
 更新日:

チャットレディは必見!給料制度と関係してくる税金について

チャットレディが支払う税金について

高収入が目指せるチャットレディであっても税金について考えながら働くことが大事です。本記事ではチャットレディがどのような雇用形態にあたるのかご紹介しながら、それに伴って支払うべき税金もご紹介していきます。
税金の支払い知識を身に付けたい方、チャットレディとして働く予定でいる方はぜひ参考にしてみてください。

チャットレディの多くが個人事業主

社会では正社員など期間を定めずに雇用契約を行う正規雇用と、雇用期間が限定されているパート・アルバイト、派遣社員、契約社員といった非正規雇用があります。
正規雇用と非正規雇用の違いは契約期間の違いにありますが、今回ご紹介していくチャットレディはどの働き方に該当するのでしょうか?

実はどちらに当てはまることもなく、大半のレディが個人事業主という形態で働くことになります。もちろんチャットレディサイトの正社員や契約社員として雇用される場合もあるため働く女性皆が個人事業主だとは一概には言えません。

しかし多くの、多くの方が業務請負契約によって歩合で対価が支払われる形になっており、自分で会社を支える自営業と同じ括りである個人事業主にあたるのです。
個人事業主と考えると大変そうな仕事だと思えるかもしれませんが、実際は自分の好きな時間に働けたり、場所を限定することなく働けたりするなど、自由な労働が魅力となっています。

得られるお金は給料ではなく報酬!税金はどうなるの?確定申告は?

チャットレディは男性とチャットすることによってポイントが加算されていきます。このポイントこそがチャットレディが得られる給料になっているのです。ただし、チャットレディが得られるお金は基本的に給料ではなく報酬です。報酬は給料よりも高くなりやすいことが多いです。

その理由は税金が引かれる前の金額が手元にはいってくるからであり、個人事業主ならではの特権と言えます。報酬としてお金を得た場合でも所得税の課税対象です。そのため、人によっては確定申告をしなくてはなりません。

確定申告って?

確定申告は毎年1月1日~12月31日まで得てきた所得を集計し、自ら税金を計算して税務署に申告・納税するというものになります。
確定申告はお金を稼いだ人は皆行わなければいけないものとなっており、正社員や一部パート・タイマーの方は会社の年末調整によって上記計算が行われるため、確定申告を行う必要はなくなります。

しかし、チャットレディが得られる報酬は源泉徴収されず、税金が引かれないままの金額が手渡されます。個人事業主やフリーランス、副業をしているサラリーマンは確定申告によって稼いだ額に応じてきちんと納税しなければなりません。確定申告では納税するほか、還付金として支払った税金が返ってくることもあります。

確定申告をしなければいけない条件

稼ぎが発生したとしても場合によっては確定申告をする必要はなく、面倒な手続きを行わなくて済みます。チャットレディにおいては次の対象にあたる方が申告を行う必要があるので注意してください。チャットレディ以外で収入がないという方は、1年間のチャットにおける所得が48万円を超える場合に確定申告が必要です。この所得についてですが、所得とは経費と控除を引いた額を指します。

つまり、得ている報酬からメイク代やパソコン購入費といった経費と扶養控除や配偶者控除を差し引いた金額が所得になります。高収入であるチャットレディは、年末から働きだした人でなければ48万円を超える人が大半なので、忘れずに確定申告を行っていきましょう。また、チャットレディを副業として他からも収入を得ている方は、1年間のチャット所得が20万円を越える場合に確定申告を行う必要があります。

無申告は大変危険

前述の条件に当てはまる方は確定申告をしなければなりませんが、確定申告が行えるのは毎年2月15日~3月15日の1ヶ月の間でしか行えないため、人によって忘れていて手続きを逃してしまう人も多いです。申告し忘れたことに気付いている場合は、できるだけ早く税務署に行って申告を行うようにしましょう。

この場合は期限後申告として扱われることになり、本来納付すべき税額に+15~20%されてしまう無申告課税というペナルティが課せられるほか、期限内に納税されなかったことで延滞税も発生してしまいます。延滞税は申告期限を過ぎて2ヶ月までは2.6%ではありますが。それ以降は8.9%に上がってしまうため注意しましょう。

確定申告時に覚えておきたい青色申告

青色申告は確定申告の種類の1つです。アルバイトやパートとして働いている方のほとんどが白色申告となり、青色申告は事業所得や不動産所得、山林所得を得ている方のみの限定的な申告方法で珍しいとも言えるでしょう。

チャットレディとして働く方は個人事業主で事業所得を得ていることになるので青色申告が可能です。
青色申告は白色申告にはない魅力があり、大きな節税効果によってお得に税金を納めることができます。

青色申告は最大65万円の控除が可能

青色申告は白色申告に比べて難しい記簿付けとなるため手間がかかってしまいます。しかしそれ以上に10万円~65万円の特別控除が受けられるようになっており、苦労する手間も忘れるほどの魅力を秘めています。大きな節税効果になることから、チャットレディなら青色申告を行っておくべきです。

家賃を経費に計上することも

在宅チャットレディであれば、青色申告の場合家賃を経費として計上できます。家賃の他パソコン・スマホ購入費や電気代、光熱費、プロバイダ料金など在宅チャットレディが使用するあらゆるものが経費として計上できるのです。

これら経費は白色申告でもできないことではありませんが、制限があるため大して経費として計算されることがありません。
しかし青色申告の場合は全て経費として計上した上で、確定申告を行えるため大きな節税効果につながってくるのです。

住民税と消費税について

チャットレディは確定申告で所得税を支払わなければいけませんが、他にも住民税を支払う必要があり、場合によっては消費税も支払う必要があります。
これまでご紹介してきた所得税は税務署に行って税金自体は国に治めるようになっています。
しかし住民税は地方自治体に収めることになります。
チャットレディの場合は多くが給与から住民税が天引きされるわけではないため、普通徴収として自分で納めに行かなくてはなりません。
住民税を納める方法は各金融機関、ゆうちょ銀行・郵便局、区役所・市役所・町役場、特別出張所、コンビニ、モバイルレジなどで納めることができます。
各納期限までに納めるようにしましょう。
納付書は確定申告を行った後日に市町村から送られてきます。
住民税の税率は所得税とは異なり、累進課税ではなく一律です。
気になる税率は10%前後になっており、住んでいる市町村によっても変わります。
チャットレディの場合は多くの方が所得税と住民税のみが関係してきますが、人によっては消費税もかかってきます。
消費税は年間の報酬が1,000万円を超える場合にかかるものです。
年間報酬1,000万円超えるという方は支払う税金も増えることに加えて消費税もかかるということを覚えておきましょう。

税金や確定申告に不安な人はチャットレディ代理店アリス熊本店がおすすめ

今回はチャットレディの多くの方が悩みやすい税金の話と確定申告についてご紹介してきました。最初にご紹介してきたようにチャットレディは個人事業主に分類されるため、得られるお金は給料ではなく報酬となります。報酬は事前に源泉徴収されることなく給料以上に多くの収入を得られるようになっていますが、所得税の課税対象になるため確定申告で税金を納めなければいけない仕事でもあります。

少しでも納める税金を抑えたい場合には、青色申告を行うのがおすすめです。
最大65万円の控除に、在宅チャットレディなら経費計上ができ、青色申告によって大きな節税効果も期待できます。
さらに、住民税や消費税についても知っておくと安心です。

あまり理解できなかった、税金のことにもっと詳しく把握しながら働きたいという方は、チャットレディ代理店アリスがおすすめです。全国展開しているアリスならではの安心サポートが充実しており、困った時もあらゆる面からサポートを得られます。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP