チャットレディは給与所得?事業所得?所得と税金について解説|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディは給与所得?事業所得?所得と税金について解説
 更新日:

チャットレディは給与所得?事業所得?所得と税金について解説

チャットレディの収入って給与所得?事業所得?

チャットレディは、普通のパートやアルバイトと働き方が変わる仕事です。そのため、いくつか意識しなければならない点もあり、仕事をするだけではなく税金の制度や確定申告の方法なども学ぶ必要があります。

また、給与所得と事業所得の違いなど、会社員時代には意識していなかった部分も理解しなければなりません。

この記事では、そんなチャットレディの所得についての解説をしていくので、これからこの仕事をしようとしている女性は、是非チェックしてみて下さい。

チャットレディの収入は給与所得ではなく事業所得になる

チャットレディは個人事業主として働くことになります。会社員のような雇用契約はなく、業務委託としてライブチャットサイトを利用して仕事をするのです。

そのため、チャットレディの仕事は給与所得ではなく事業所得になります。

個人事業主なので、毎年一定の金額を稼いだのなら確定申告書を提出して所得税や住民税を自分で納める必要があります。

チャットレディには源泉徴収がない

会社に雇用されて働く場合は、税金に関しては給料から天引きされることがほとんどでした。自分で納めていたという意識がなかった人もいると思いますが、恐らく会社が税金に関する手続きをしていたので、しっかりと納税できていたはずです。

しかし、チャットレディは雇用契約を結ばないで仕事をするので、この源泉徴収を受けられません。そのため、毎年確定申告の時期になると苦労しながら確定申告書を作成することになります。

確定申告に悩むチャットレディはかなり多い

チャットレディの仕事自体は、そこまで難しいものではないので誰にでもできるでしょう。しかし、仕事で悩むことはなくても、この確定申告などの仕事以外で必要になることに悩む女性は多いです。

「基礎控除がどういうものかわからない」「事業所得と雑所得ってどう違うの?」というように、初歩的な知識すらないチャットレディもいます。

しかし、高収入を得られる仕事なので、確定申告が必要になる一定額は簡単に稼ぐことになります。ほぼ全ての人が必要になると言っても過言ではないので、この仕事をするのなら確定申告についてきちんと理解しておくようにしましょう。

チャットレディの収入は給与所得ではないので確定申告が必要

個人事業主として働くチャットレディに必要な確定申告。ここでは、そんな確定申告について詳しく紹介していきたいと思います。

「自分でできるか不安」「確定申告についてあまり理解できていない」という人は是非参考にしてみて下さい。

確定申告を簡単に紹介

確定申告では年間の所得を申告して、それに伴う納税を行います。「その年にどれくらいの報酬金額を稼いだのか?」「経費はどれだけかかったのか?」ということを申告する書類を作成するのです。

本業でチャットレディをしているのなら、48万円以上の所得が発生した場合は確定申告をしなければなりません。また、副業でチャットレディをするのなら20万円以上稼いだ場合に確定申告の義務が発生します。

納める税金を抑える方法

確定申告をすることで、納める所得税や住民税の額が決定します。これらの税金は、所得が上がれば上がるほど高額になるものです。

所得というのは、収入から経費額を差し引いたもので、チャットレディの仕事をして稼いだお金全てで計算されるわけではありません。1000万円稼いだとしても400万円の経費がかかっているのなら、所得は600万円になりこの部分で税額の算出が行われます。

経費を計上しないとなると、収入の1000万円がそのまま所得になってしまい、納める税額も膨らんでしまいます。この経費を計上するというのは、納める税金を減らす意味でも大事になることです。経費を計上するだけで節税になるので、この仕事をするために発生した費用は忘れずに経費に入れるようにして下さい。

チャットレディの経費になる出費はこちら

チャットレディの経費になる出費はこちら

経費にできるのは、仕事をする上で必要な出費のみです。チャットレディの経費になる出費はさまざまあり、主な経費の項目がこちらです。

  •  パソコンやウェブカメラの購入代
  •  通信費や光熱費や家賃
  •  チャットルームまでの交通費
  •  仕事のために購入した書籍の購入費用
  •  ライブチャットで着用する衣装代
  •  身バレのために購入したウィッグやカラコン代

 

これらの出費が経費に計上できると考えられているものです。高額になるものもあるので、大きな節税に繋がります。仕事をするために購入したのなら、経費にするのを忘れないようにして下さい。

プライベートで使う場合は家事按分が必要になる

在宅チャットレディの通信費や光熱費、家賃などは、プライベートでも使っている場合は、家事按分が必要になります。プライベートで使っている分と仕事で使っている分の割合を出し、その割合分だけしか経費に計上できません。

「全額計上したほうが所得を抑えられる」と考えて、これらの出費を全額経費にしてしまうと、この申告書を見た税務署の職員に怪しまれてしまいます。そうなると、税務調査に入られるリスクも出てくるので、全額経費にするのは絶対にやめるようにして下さい。

白色申告と青色申告の違い

確定申告には、白色申告と青色申告という2つの申告方法が用意されています。「白色申告は手軽にできるけど控除額が低く、青色申告は難しいけど控除額が上がる」という違いがあります。

初めて確定申告をするチャットレディは、白色申告を選んでまずは確定申告がどのようなものかを学ぶのがいいでしょう。2年目以降は、できるなら控除額が増えて節税になる青色申告を選んでみて下さい。

また、白色申告は誰でもできますが、青色申告は事前の申請が必要になる点にも注意しましょう。

クラウド会計ソフトを使えば手軽にできる

確定申告を簡単に終わらせたいのなら、クラウド会計ソフトを使うようにしましょう。クラウド会計ソフトを使うことで、家計簿を付けているような感覚で確定申告書の作成が終わります。

また、『e-Tax』という電子申告方法も用意されており、こちらを使用することで控除の額を増やすこともできます。納める税金の額を抑えたいのなら、『e-Tax』を使って申請してみて下さい。

確定申告が自分でできないなら税理士を利用しよう

これまでに確定申告をしたことがない人にとっては、初めて行う確定申告ほど悩むものはありません。自分ではどうにもできないと感じた場合は、税理士に相談することをおすすめします。

税理士に依頼するというのは無料ではなくお金がかかってしまいますが、わからないまま自分で不備のある形で提出するよりは全然いいでしょう。確定申告書に不備がある場合は、追徴課税が必要になり本来納める税額以上のお金を徴収されることになります。ただ確定申告をするだけではなく、正しい確定申告書を提出しなければなりません。

確定申告に対して不安があるのなら、自分でやるのではなく税理士を利用してみて下さい。

無申告は絶対にダメ!

確定申告の義務があるにも関わらず、これをしないというのは絶対にやめるようにして下さい。本来納める税金を納めないことになるので脱税になります。

「手渡しだからバレない」「確定申告をしたら扶養から外れるからしない」というチャットレディも多いです。また、「やり方がわからないからしない」という理由で確定申告を怠るような人もいます。どんな理由であれ脱税になってしまうので、確定申告をする義務があるのなら必ず行うようにして下さい。

確定申告は毎年同じ時期に行います。うっかり忘れることもあるので、カレンダーなどにチェックを付けておくのもいいでしょう。

チャットレディの代理店で給与所得と事業所得の違いを学ぼう

チャットレディの代理店で給与所得と事業所得の違いを学ぼう

チャットレディの代理店では、この仕事に関するさまざまなサポートをしてくれます。この記事で紹介した給与所得と事業所得の違いもすぐに理解できるでしょう。

チャットレディAliceという代理店では、登録している女性たちに対して手厚いサポートを用意しています。身バレの対策方法や稼ぐためのアドバイスなど、さまざまなサービスを用意してくれている代理店です。

全国に何店舗も支店を構える大手の代理店なので、安全に働けるでしょう。チャットレディをするのなら、チャットレディAliceに登録して働くことをおすすめします。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP