チャットレディのお仕事に税金はかかる?働き方の注意点と税金の計算方法|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
税金
チャットレディのお仕事に税金はかかる?働き方の注意点と税金の計算方法
 更新日:

チャットレディのお仕事に税金はかかる?働き方の注意点と税金の計算方法

チャットレディは税金がかかる可能性が高い

女性の中には、本業としてチャットレディを仕事にする場合はもちちんですが、副業として行っている場合もあるでしょう。
本業にするか副業にするかで得られる報酬(収入)の額は異なりますが、その金額によってはチャットレディでも税金がかかる可能性があります。
基本的には、どんな仕事でも収入があれば納税が必要となります。
では、チャットレディとして働いた場合、どれくらいの収入を得ると納税義務が生じるのでしょうか?
今回は、チャットレディで働く場合の税金に関する知識や働き方の注意点についてご紹介します。

確定申告と同時に納税も必要に

一般的なアルバイトやパートなどと比較しても、チャットレディは高収入のお仕事になります。
そのため、一定額の所得がある場合、確定申告が必要となり、税金を納めなければなりません。
まずは、確定申告と納税が必要になる条件についてご紹介します。

チャットレディは個人事業主

そもそもチャットレディを本業として働いている場合は、個人事業主やフリーランスと同じ扱いとなります。
会社員として働いている場合、年末調整等の手続きを会社がしてくれますが、個人事業主の場合は自分で確定申告をしなければなりません。
チャットレディをしている人の中には、プロダクション・代理店・事務所などで契約を結んでいる場合も多いでしょう。
しかし、この契約とは業務請負契約・業務委託契約となり、企業が外部の企業または個人に業務を委託する契約という意味です。
つまり、業務に関する契約を結んでいるだけで、雇用されているわけではありません。
中にはチャットレディも年末調整が必要と思っている人はいるかもしれませんが、チャットレディに必要となるのは確定申告です。

本業の場合

本業としてチャットレディをしている場合は、年間で48万円以上稼ぐと確定申告が必要となります。
48万円以内の場合、基礎控除によって所得税が差し引かれ、申告の必要もなくなりますが、それ以上稼いでいるならチャットレディでも申告が必要です。
本業の場合、他に収入源がないことになり、現実的に年間48万円以下の収入では生活できない可能性が高いです。
そのため、本業の場合は、ほとんど全ての人に確定申告が必要と考えていた方が良いでしょう。
確定申告が必要になれば、納税の義務が生じます。

副業の場合

チャットレディをしている女性は、主婦やOLなどもたくさんいます。
他に収入減があったり、本業があったりする場合にはチャットレディが副業という扱いになります。
副業の場合では、年間で20万円以上稼ぐと年末調整とは別に確定申告や納税が必要です。
また、副業の所得が20万円以下であっても、源泉徴収を受けている場合は所得税を払い過ぎている可能性があるので、確定申告を提出して払い過ぎた税金の還付が受けられます。
こうした場合は、所得に関わらず確定申告するようにしましょう。

税金がいくらかかる?計算方法は?

本業でも副業でも、一定額以上の収入があれば確定申告と納税が必要なことがわかりました。
チャットレディで確定申告が必要になると、所得税や住民税を支払う必要があります。
ただし、住民税は所得に関わらず納める必要があるものなので、ここでは所得税がいくらかかるのか計算方法をご紹介しましょう。

所得税について

所得税は1年間(1月1日~12月31日)で稼いだ所得に対し課せられる税金で、国に納めます。
所得は、売り上げ(収入)とは違い、売り上げから経費として計上した金額を差し引いた額のことです。
例えば、200万円の収入を得て、40万円の必要経費がかかった場合、収入から必要経費を差し引いた所得は160万円となります。
この160万円の所得に税率をかけることで、納めるべき税金額を把握することが可能です。
また、国内では所得税を無理なく納税できるよう、各種所得控除が用意されています。
わかりやすいものでは所得控除の代表でもある基礎控除です。
基礎控除は48万円となっているので、160万円の所得から48万円を差し引いた額に税率をかけることができるのです。

所得税の計算方法

所得税の税率は、所得額が増えれば増えるほど高くなる超過累進課税制度となっています。
課税される所得金額や税率、控除額などの一覧は、以下の通りです。

 所得金額  税率 控除額 
 195万円以下  5%  0円
 195万円~330万円  10%  9万7,500円
 330万円~695万円  20%  42万7,500円
 695万円~900万円  23% 63万6,000円 
 900万円~1800万円  33% 153万6,000円 
 1800万円~4000万円  40% 279万6,000円 
 4000万円~  45%  479万6,000円

この税率と控除額を基に、所得税がいくらかかるか計算してみましょう。
仮に、課税される所得金額が350万円、必要経費が50万円という例で計算すると、以下のようになります。

【計算式】
・納税額=(年収-経費-基礎控除)×税率-控除額
ここに所得金額350万円、必要経費50万円を当てはめると、以下のように計算できます。
・納税額7万6,500円=(350万円-50万円-48万円)×税率20%-控除額42万7,500円

必要経費は、チャットレディの仕事に必要な衣装や美容代をはじめ、家賃・光熱費・消耗品費・通信費・必要機器購入費・交通費などです。
特にチャットレディは様々なものを経費として計上できるので、必要経費として計上できるものが多ければ、それだけ課税所得金額が少なくなり、その分節税できるのです。

働き方には注意が必要

チャットレディで働く場合、本業か副業かで確定申告や納税が必要となることをご紹介しました。
チャットレディは、専業主婦や学生、OLといった方が多く活躍しています。
働き方はその人によって様々なですが、高収入が得られやすいチャットレディは、確定申告や納税のことを考えて働き方を検討する必要があります。

専業主婦

専業主婦の方の場合、夫の扶養に入っているというケースも多いでしょう。
チャットレディは空いた時間だけ仕事するスタイルでも簡単に高収入を得られるため、収入が増えれば扶養から外れてしまう可能性もあります。
また、チャットレディをしていることを夫に伝えていない場合、バレるのではないかと心配されている人も多いかもしれません。
専業主婦の場合、他に仕事をしていなければ個人事業主と同じ扱いとなるので、年間で48万円以上稼いでいると確定申告と納税が必要です。
また、年収が103万円以上になれば、扶養から外れ、結果的に夫の税金が増えてしまいます。
チャットレディかどうかはわからないにしても、何の仕事をしているのか聞かれる可能性が高いので、所得を103万円以下、確定申告や納税を踏まえて考えるなら48万円以下に留まるように働く必要があります。

学生

学生の場合であっても、専業主婦と同様個人事業主という扱いになるので、年間で48万円以上稼いでいれば確定申告・納税が必要になります。
確定申告や申告書を税務署に提出したり、税金を納めたりといった手間もかかるので、48万円を超えても良いかどうか慎重に判断しましょう。
また、学生は親の扶養に入っているので、所得が103万円を超えれば扶養から外れてしまいます。
通常であれば学生が扶養から外れることはないので、扶養が外れた場合、両親に何の仕事をしているか不審に思われる恐れもあるでしょう。
確定申告や扶養の面を考えて、年間の収入を検討してみてください。

OL

普段はOLをしているなら、チャットレディは副業という扱いになるので、年間で20万円以内なら確定申告が不要です。
しかし、20万円以上稼いでしまうと、確定申告と納税が必要なります。
また、仮に副業禁止の会社で働いていた場合、住民税が増えることで副業がバレてしまう恐れもあります。
自分で納税を行えばバレることはありませんが、心配なら20万円以内に抑えるようにしましょう。

働き方に不安があるならアリスに登録しよう!

本業でも副業でも、一定額を超えればチャットレディでも確定申告や納税義務が発生します。
しかし、自分の境遇を加味してチャットレディの仕事を始めたくても、働き方に不安があるという女性も多いのではないでしょうか?
そこでおすすめなのが、チャットレディアリスへの登録です。
アリスでは教育体制が充実しており、その人に合った働き方を提案してもらえるほか、収入を得る際のポイントなどもアドバイスしてくれます。
また、顧問弁護士が在籍しているので確定申告や納税に関わることも気軽に相談できます。
働き方に不安がある方は、アリスへの応募を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP