チャットレディ報酬と失業保険を同時にもらうことってできる?|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディ報酬と失業保険を同時にもらうことってできる?
 更新日:

チャットレディ報酬と失業保険を同時にもらうことってできる?

チャットレディで高額の報酬をもらいながら失業保険ってもらえるの?

チャットレディの報酬は、現金を手渡しされることが多いです。
「即金で現金が手に入る」この手軽さから、チャットレディの仕事を選ぶ人も多いです。
しかも、高額な報酬です。その上、事務所側とあなたの双方が納得すれば、面接に行ったその日から働き始めることもできます。

これは、水商売や風俗などでも同じ形態ですが、チャットレディはもっと気軽に始められますし、様々な感染症や身バレなどのリスクも低いです。このような理由から、会社を辞めて次の仕事先が決まるまでの間の「つなぎ」として、チャットレディをするという人も多くなりました。

次の行き先を決めないで会社を辞めたことがある人は、失業保険の申請をした経験もあるはずです。自己都合で辞めた場合でも、短期間の就業でなければ、待機期間終了後に失業保険の受給資格が得られる状態になります。

つなぎでチャットレディをしているときに、失業保険の受給対象になった場合、はたして両方もらうことはできるのでしょうか。

「日払いで手渡しなんだから、簡単に両方もらえるはず…」
「バレないから問題ないって誰か言ってたような…」
「でも、もしかして違法?」

不安に思ったら、この記事を最後まで読み進めてみてくださいね。

チャットレディとして失業保険の受給期間中に働くのはアリ?

「会社を辞めてしばらくゆっくりしようと思っていたけど、やっぱりなにか始めたい」
「でも、またすぐに会社勤めするのはイヤだなぁ…」
「家に引きこもっていたら、だれかと話したくて仕方がなくなった」

そんな理由からチャットレディを始める人もいるでしょう。

チャットレディの就業形態は個人事業主です。個人でお店を経営している人や、フリーランスなどと同じですね。喫茶店やパン屋、八百屋さん、作家などのイメージです。

税金面でも、ライブチャットの代理店の総務部で所得税の計算がされて税務署や自治体に所得の情報が流れるということはありません。そのような背景から、なにも知らないでチャットの仕事をスタートしてしまえば、失業保険をもらいながらチャットでの報酬を手にすることもできてしまいます。

たしかに、グレーな部分ではあります。しかし、結論からいえば、チャットの報酬(事業所得)と失業保険を同時に受け取るのはあってはいけません。列記とした不正行為です。

これをふまえて「失業保険受給中にチャットレディをすると、不正受給になるのか否か」という問題を一歩踏み込んで考えていきましょう。

チャトレ報酬と失業保険の両方を同時に得るのは「不正受給」

結局「事業所得と失業保険の両方をもらうのは不正受給に該当」します。

そもそも、失業保険というのは「失業(=働きたくても働けない)」状態にある人がもらうものです。
「あの仕事はイヤ、これもイヤ」とより好みせずに職を探していて、健康でいつでも働けて、なおかつ仕事に就けない状態の人がもらうための保険金です。

失業保険の受給にあたっては、離職中であることをハローワークに申告します。
離職の申請をして、認定日にハロワで認定を受けて、職探しをしているのを確認された上で受給できるものです。

チャトレの即金手渡しであろうと、一般的な給与の翌月銀行振り込みだろうと「働いて収入がある」ことに変わりはありませんね。つまり、両方のお金をもらうことは「虚偽の申請」をしていることになり、発覚すれば罰金が科せられるのです。

失業保険の給付制限中(待機期間)はチャトレをできるの?

では、失業保険の待機期間である「給付制限中」に、チャットレディとして働くことはできるのでしょうか?

これも結論からいうと、失業保険の受給資格が発生する前段階である「給付制限中」であっても、チャットレディとして収入を得るのは不正です。チャットレディで働きたいならば、会社を辞めた後に、個人事業主として開業届を出してしまった方がスムーズでしょう。

しっかりとした目標があって、しばらく本腰を入れてチャットレディをすると決めているならば、白色申告ではなく青色申告で帳簿をつけて開業したほうが税務上優遇を受けられます。

雇用保険に関しては、世間の風潮として、なんとなく「給付金をもらわないともったいない」というイメージが強いです。本当は働けるのに、積極的に働かないという人がいるような感覚ですね。

しかし、しっかり覚えておいてほしいのがなるべく早く仕事に就くと「就業手当」がもらえるということ。就業手当は、一般的な会社へ雇用される場合だけでなく、個人事業として開業するケースでも適応になります。

失業保険の金額は、自己都合か会社都合か、就業していた期間や年齢、所得額などでひとりひとり違います。ですから、一概に得か損かで判断できる問題ではありません。
しかし、満額の失業保険金を期待するよりも、早い段階でチャットレディを専業にして就業手当をもらうのも賢い選択でしょう。

生活保護受給中にチャットレディで報酬を得るのはアリ?

失業保険と同じように、生活保護の受給中にチャットレディで働く場合も要注意です。

そもそも、生活保護は「なんらかの理由で働きたくても働けない」状態の人を、国のお金を使って生活の面倒をみる制度です。生活保護の制度には「自助努力」とか「相互扶助」とか出てきますが、要するに、あらゆる努力をしても生活に困窮していなければもらえないのです。

努力すればチャットができるのであれば、それはもう「自立」の状態。
きちんと収入があることを申告して、生活保護を打ち切ってもらう必要があります。ただし、チャットの収入が、頑張っても生活保護の基準の金額に満たない場合には、きちんと受給額の差額分は支払われます。

嘘の申請をするのが一番いけません。
脅しでもなんでもありませんが、不正が発覚すればさかのぼって請求されますよ。

チャトレの報酬と失業手当を一緒にもらわないように!

結局、チャットレディの仕事をしながら、失業保険を受給するのは「不正」です。そもそもの話として、失業保険で受け取れる金額というのは、それまでに働いていた会社でもらっていたお給料の何割かの「基本手当日額」を、日数分もらえるものです。

給付金がいただけるのはたしかに魅力的でしょう。
でも、決まった額の給付金がもらえるのをずっと待っているよりも、サッサと自分からチャットで稼ぐほうが魅力的だとは思いませんか?

旦那さんの扶養に入っていて所得税の絡みがある人も、住民税を「普通徴収」にすれば、扶養してもらっている親族に分からずに稼ぐことができます。
扶養を外れて、大きく所得を稼ぐことだって自分の腕次第です。
一般的なパートよりも稼げる仕事ですし、扶養を外れるときの理由も「コールセンターの仕事」といえば、とくに問題はないでしょう。

チャットレディAliceなら失業保険の知識まで教えてもらえる!

チャットレディとして働きながら失業保険や生活保護を受給するのは不正だということがわかりました。こういったことは、知識がないと知らずにやってしまう危険性があります。全てを自分で把握するというのはとても難しい問題です。

周りに相談できる環境や、指摘してくれる環境を作るなら代理店登録をおすすめします。代理店にはサポートをしてくれるスタッフがいるので、細かい部分までしっかり教えてくれますよ。気軽に相談する環境を作るためには、通勤型のチャットレディがおすすめです。

ライブチャットサイトの仕事を通勤で始めようと考えているならば、チャットレディ Aliceがおすすめです。家族にバレにくいのは、やはり在宅よりも事務所に通勤して稼ぐ方法でしょう。会社を辞めてチャトレを始める場合、失業保険のことなどは考えずに、代理店に所属して個人事業主になったほうが、結果的に大きく稼げるでしょう。

普通のアルバイト感覚で稼ぐのもよし、個人事業主として青色申告でしっかり帳簿をつけながら働くもよし。チャットレディAliceなら、確定申告の基礎から申告書の書き方などもレクチャーしてもらえますよ。

会社を辞めてハローワーク通いも良いかも知れません。
しかし、失業申請をして待機期間(給付制限期間)を過ごして、回答日(質問日)に「前回から今日までの期間で働きましたか?」「求人情報を見て仕事を探していますか?」などの質問に回答しなければなりません。

ハローワークの認定日の質問に対する回答数もさることながら、「基本手当日額×日数」の金額をもらうために、手持ち無沙汰な日々を送る生活になる可能性が高いです。待機期間はもっと辛いですよね。

それならば、失業保険の受給額などを気にせずに目標を大きく持ってたくさん所得を稼ぐ人生のほうが気が楽かもしれません。

チャットレディAliceの情報が気になる人は、メールでも電話で気軽に問い合わせてみてください。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP