チャットレディがバレた人の理由とは?対処法は簡単!|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディがバレた人の理由とは?対処法は簡単!
 更新日:

チャットレディがバレた人の理由とは?対処法は簡単!

チャットレディだとバレたくない!対処法と不安解消の方法

チャットレディとして働くことの最大のリスクは「周囲にバレること」でしょう。
バレるのが怖くて、チャットレディになることをためらっている人も多いはず。

勇気を出してチャットレディになったものの、やはりなんとなく不安を抱えながら仕事をしている人もたくさんいるでしょう。

チャトレは高収入で魅力的なお仕事ですが、周囲の人間にバレるリスクは常につきまとってしまいます。でも、バレるリスクの原因は、ほぼ自分自身にあるって知っていましたか?

自ら対処方法を学び、注意を払うことで、チャットレディだとバレる危険性を最小限にすることができます。
ビクビクする日を過ごさなくて良い方法を学び、安心安全に大きく稼いでいきましょう。

チャットレディがバレた理由のほとんどは不注意

チャットレディであることがバレた人の多くは、その人自身の注意力不足。つまり注意を怠らなければ、ほぼバレません。

誰でも簡単に高収入が得られる仕事は、世の中になかなかありません。みすみすチャンスを逃さないように「ついウッカリ…」をなくす努力が必要です。

原因が分かれば、その対処法が分かります。まずは、具体的にどんなことからバレるのかみていきましょう。

仕事を辞めたはずなのに不自然な行動

在宅で家族に内緒でチャットレディをしているような場合には注意が必要です。

今まで外に働きに行っていて、仕事を辞めたと話しているのに、なぜだか遊ぶお金がある…。家族からすると家に引きこもっているように見えるのに、生活は以前と変わらない、むしろ潤っている…。

このような状態では、家族が怪しむのも当然です。パソコンの履歴を調べられて家族にバレたケースも見受けられます。怪しまれないように、しっかり対策しておきましょう。

ずっと外に働きに出ていた人なら、チャットルームに通ってライブチャットをする方が無難です。

急に羽振りがよくなってバレる

学生さんがチャットレディの仕事をすることもありますよね。

今までは親からのお小遣いだけだったのに、急にお金を稼げるようになり、うれしくてブランドものの服やバックなどを揃えてしまうこともあるでしょう。

自分で稼いだお金ですから、もちろん、どのように使おうが自由です。
しかし、端から見たらやはり不自然なのです。友人や彼氏などに突っこまれて、自分からカミングアウトする人もいます。前もって「今度バイトを始める」などと、周囲に宣言しておくことをおすすめします。

副業が会社を通してバレる

世間的には副業解禁の方向に動いていますが、まだまだ根強く副業を禁止する風習が残っている会社もあります。会社には内緒で副業としてチャットレディをしている場合、確定申告の際に注意しましょう。そうすれば、会社にはまずバレません。

ところが、所得税や住民税の申告対策に気を遣っていても会社にバレるケースがあります。このような場合、ほとんどが同僚からのリークや、話をした同僚以外に内緒話を聞かれていて、そちらから秘密がもれるのです。

人の口に戸は立てられません。同僚などに話をしてしまった自分の責任です。税務上はバッチリだったのでしょうが、自分の口にチャックができないようでは意味がありません。

チャトレの仕事をしているのがバレる前にできること

  • 「チャットレディをしていることがバレても構わない」
  • 「バレたらバレたで開き直れる」

このようなメンタルの強い人は大丈夫でしょうが、たいていの人はチャトレで働いていることがバレたら仕事を辞めてしまいますよね。

バレたら辞めるのは、せっかく報酬が高いのにもったいないです。だからこそ、バレずに長く働けるように対策していきましょう。

住民税の納税方法を対策して会社バレを防止

副業禁止の会社の場合、業種がなんであれ副業の収入があったらマズいです。

会社の給与所得以外の収入があって会社にバレるのは、ほとんど「住民税」からです。
チャットレディで副収入があった場合、所得税の申告をしなければいけません。

ちょっと専門的な話になりますが、住民税の徴収方法には2通りあるのです。
特別徴収と普通徴収です。

特別徴収…会社の給料からの天引き
普通徴収…自分で個別に納める→会社にはバレない

この2つは、確定申告書の作成をするときに選択できるので「普通徴収」にすれば、副業をしていることが会社にはバレません。

また、チャトレで働いた収入を「事業所得」として申告するのではなく「雑所得」として申告することもできます。ごくたまにしか仕事をしていなかったり、チャトレを始めたばかりで報酬が少なかったりする場合には、雑所得でも構いません。
「株やアフィリエイトで少し儲かった」などとごまかして対策することもできるでしょう。

パソコンの履歴に注意

ネットのサイトの閲覧履歴を定期的に消すクセをつけている人は、あまり多くないかも知れませんね。

でも、チャットレディとして働いていることを知られたくなければ、ネットの閲覧履歴はこまめに消すようにしましょう。もしくは、シークレットウィンドウを使う方法です。
入力情報や履歴が残らないので、不安材料がひとつなくなるので便利です。

口は災いのもと

チャトレをやっていることがバレる原因…。その多くが「自分で話してしまうこと」にあります。これは、意外に思う人もいるかも知れません。

でも、いくら仲が良くて信頼できると思っていた人でも、関係性が壊れる可能性もあるのです。内緒話をした人から周囲にバレることもあれば、ウッカリ(自慢気に)話してしまうケースも…。

せっかくの高収入をゲットできるチャンスをみすみす失いたくないならば、口が軽いのは御法度ですよ。

話以外にも、メールの文面から周囲にバレることもありますから、スマホのLINEやメールなどにも要注意です。

いきなり生活を変えないこと

今までお金で苦労してきた人ほど、急に大きなお金が入ると、せきを切ったように浪費してしまう傾向があります。もちろん、今までとなんら変わらず堅実な行動を続ける人もいますが、予想以上の収入があると、嬉しくて舞い上がってしまうのは仕方ないのかも知れません。

でも、一気に金遣いが荒くなると、周囲はいぶかしがります。
「どうして急に羽振りがよくなったのか?」とか「なにをしているのか?」とか、理由が知りたくて仕方がなくなるのです。

わざわざ自分から、周囲の関心を集めるような行動を取るのは止めましょう。
怪しまれないように、言動には要注意です!

わざわざ本人と特定できる情報を載せない

チャットレディをしている人の中には、ごく少数ですが、プロフィールに真実を書きすぎてしまい身バレしてしまう人もいます。
「嘘をつくのが面倒」とか「話を合わせやすいから」という理由で、住所・年齢・職業・趣味などの個人情報を、そのまま書いてしまうケースですね。
これでは「自分からバラしている」のとおなじ。

正直すぎるプロフィールを書いているのに、自分じゃないと言い切るほうが難しいでしょう。チャットレディとして仕事をしている現場を男性に押さえられて顔を見られても、文句は言えませんね。

自分が憧れているタレントさんやドラマの主人公にでもなったつもりで、別人格を演じるようにしましょう。普段の自分とお仕事用の自分で、オンとオフを切り替えるようにすると、お仕事自体が楽しくなるという効果もあります。

動画を撮影されてバレることもある

これもレアケースではありますが、チャットレディとして働く姿を盗撮されて、動画サイトなどにアップされてしまい、結果的に周囲にバレることがあります。

盗撮した動画を違法にアップロードするのは立派な犯罪行為ですし、流出させた人が悪いのです。しかし、被害にあってしまうのはチャットレディをしていた女の子のほうです。盗撮されないための対策はいろいろありますし、自分で簡単にできるものも多いです。

ライブチャット中のメイクのイメージを変えたり、メガネやカラーコンタクトなどで顔の印象をガラッと変えてみたりしましょう。
ウイッグなどで髪型や髪色を変えることも、チャトレで働く際のおすすめポイントですね!

また、服装も派手め⇔キレイめに変えたり、ライトの当て方を変えたりするだけでも雰囲気は変わりますよ。

在宅よりも通勤のチャットレディならバレにくい

在宅でチャットレディをすると、どうしてもバレるリスクは高くなります。
アダルトチャットならば、余計に不安も大きくなりますね。
事務所に通勤するならば「チャットレディAlice(アリス)」がおすすめ求人です。

今まで働いていなかった女性でも「仕事をすることにした」と言えば、周囲に怪しまれません。
彼氏と一緒に住んでいる人などは、コスプレ用の道具を自分の部屋に置いておけないという事情もあるでしょう。
その点、事務所には衣装がたくさんあって、変身し放題ですよ。

チャットレディ代理店の大手であるAliceなら、お仕事登録中に感じるさまざまな不安や疑問にも親身になって対応してくれます。
待機所でほかの女の子とお話しするのも、気分転換になったりしますよ。

もちろん、Aliceは、運営会社もしっかりしていますからご安心ください。少しでも気になったら、電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP