本業バレは?チャットレディとマイナンバーをシンプルに解説|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
本業バレは?チャットレディとマイナンバーをシンプルに解説
 更新日:

本業バレは?チャットレディとマイナンバーをシンプルに解説

チャットレディをするのにマイナンバーは必要?副業はバレる?

2016年から本格的な運用が始まったマイナンバー制度。国民一人ひとりに個人番号となるマイナンバー導入がなされ、税金や社会保険の管理をスムーズにできるようになりました。

また、災害時の安否確認にも使われ、当初は低かったマイナンバーカードの普及率は近年、上がり続けています。

会社員として働くのなら、会社にマイナンバー提出をするのが一般的ですが、個人事業主として働くチャットレディはどうなのでしょうか。

また、副業チャットレディとして働いているのなら、「マイナンバーから本業にバレるのではないか?」と不安に感じる人もいるでしょう。

この記事では、「チャットレディをする上でマイナンバーの提出は必要なのか?」「マイナンバーから副業はバレるのか?」という部分を解説していきたいと思います。

チャットレディをするためにマイナンバーを提出する必要は基本的にはない

基本的に、チャットレディをする上でマイナンバーの提出を求められることはありません。

面接時に、個人情報と合わせて「マイナンバーを教えて欲しい」ということも言われませんし、ライブチャットサイトに登録する場合も、サイトの運営会社にマイナンバーは提出しなくても構いません。

代理店や事務所に登録する際、正当な理由なくマイナンバーを求められたのなら、拒否をして問題ないでしょう。このような不必要なマイナンバーを求めてくる代理店や事務所は、悪質な営業をしている可能性が高くなります。他の代理店や事務所でしているサポートを受けられないどころか、詐欺被害に遭うこともあるので注意が必要です。

年齢確認をするために、マイナンバーカードを提示する場合は、番号部分を隠して提示することをおすすめします。

マイナンバーは税金や社会保険のために使われる

マイナンバーは税と社会保険を管理しやすいように始まった制度です。チャットレディは業務委託の個人事業主として働きます。そのため、税金は自分で納める必要があります。

「会社員のように源泉徴収をされて納める」ということはありません。自分で確定申告をして所得税や住民税を納める必要があるのです。

そのため、「税金を代理で納めてもらう」という場面がないので、マイナンバーを誰かに教える必要はありません。

チャットレディを社会保険に加入させている代理店は少ない

また、会社員のように社会保険に加入させている代理店も少なく、社会保険の部分でもマイナンバーの提出は不要です。

待遇のいい代理店だと、登録しているチャットレディを社会保険に加入させているところはあるにはありますが、ないほうが一般的です。

もし、社会保険に加入させてくれる代理店に登録するのならマイナンバーの提出をしなければなりませんが、それ以外の場合は代理店にはマイナンバーの提出は不要です。

チャットレディをするなら確定申告でマイナンバーが必要になる

ライブチャットサイトの運営会社や代理店にはマイナンバーを提出する必要はありませんが、確定申告をする場合はマイナンバーを税務署に提出しなければなりません。

チャトレをするのなら確定申告は必ず必要になります。ここでは、そんな確定申告とマイナンバーの関係について紹介していきたいと思います。

チャットレディの確定申告とは?

チャットレディは個人事業主です。もらった報酬などを計算して、毎年決められた時期に自分で確定申告をして納税する必要があります。

会社員だと、給料から天引きされて税金を納めていましたが、チャットレディは自分で税金を納めなければなりません。

確定申告は毎年決められた期間に行う必要があります。確定申告の義務を負うチャットレディは、忘れずに行うようにしましょう。

確定申告書にはマイナンバー記入欄がある

確定申告書には、マイナンバーの記入欄があります。また、場合によっては身分証明証とマイナンバー通知カードのコピーの提出を求められることもあります。

確定申告の期間までに、自分のマイナンバーがわかる書類などを集めておくようにしましょう。

これは代理店などに提出するわけではないので安心

確定申告時に必要になるマイナンバーは、税務署に提出するためのものになります。代理店やライブチャットサイトの運営会社に提出するものではありません。

代理店やライブチャットサイトの運営会社だとマイナンバー悪用の恐れがありますが、税務署は決してマイナンバーを悪用することはないので、安心していいでしょう。

副業でチャットレディをしていることはマイナンバーからはバレない

副業チャットレディも一定の金額を稼いだのなら、確定申告が必要になります。この際にマイナンバーを提出することで、「本業の会社にチャットレディとして働いているのがバレるのではないか?」と不安に感じる人も多いです。

しかし、マイナンバーから副業がバレることは決してありません。この部分は安心していいでしょう。

しかし、マイナンバーからではなく住民税の部分から副業がバレてしまうこともあります。ここでは、副業チャットレディに気をつけてもらいたい住民税の話をしていきたいと思います。

住民税の納め方で副業がバレることがあるので注意

確定申告をした後に、所得税と住民税を納めます。副業チャットレディはこの住民税を納めるときは必ず普通徴収を選ぶようにして下さい。

ここで、特別徴収を選んでしまうと本業の会社に副業をしているのがバレてしまいます。

普通徴収と特別徴収について

住民税の納め方は「普通徴収」と「特別徴収」という2種類が存在します。普通徴収は、自分で住民税を納める方法で、特別徴収は会社が給料から天引きして納める方法です。

特別徴収では会社が住民税を代理で納める形になるので、その会社で稼いでいる額以上の所得を得ていることがバレてしまいます。

会社の同僚から「どうして住民税が高くなるのか?」というのを聞かれ、そこからチャットレディとして副業をしているのがバレてしまうこともあるでしょう。

仮にその会社が副業を許していたとしても、さすがにチャットレディをしているとなると、会社での評判が悪くなってしまいます。こういう仕事だからこそ、隠し通す必要があるのです。

副業としてチャットレディをしているのなら、住民税を納めるときは普通徴収で納めるようにして下さい。

副業バレしたくないからって確定申告をしないのはダメ!

副業チャットレディの中には、「会社にチャットレディをしていることを知られたくないから」という理由で確定申告をしないような人もいます。

副業チャットレディでも一定の金額を稼いだのなら、確定申告をする義務を負うことになります。これを怠ると、追加で税金を納めることになるので必ず確定申告はするようにして下さい。

チャットレディは高収入を得られる仕事です。これは副業チャットレディも同じで、高収入を稼いでいる人が追徴課税を受けてしまうと、多額の税金を納めることになります。

これが原因で会社をクビになることもあるでしょう。普通徴収にすれば副業がバレることはないので、確定申告をしないという選択を取るのは絶対に辞めるようにして下さい。

チャットレディの代理店に登録してマイナンバーや確定申告について知ろう

この仕事をする女性が初めて悩む部分である税金関係。これまで会社員をしていた女性にとって、自分で税金を納めるのは未知の体験でもあります。

「どうやって税金を納めればいいのかわからない」という人も多いでしょう。

そんな人におすすめなのが、代理店に登録するということです。チャットレディ代理店のAliceでは、税金関係のサポートもしてくれます。「チャットレディはどのように税金を納めればいいのか?」「税金を納める場合の注意点」なども知れるので、これまで馴染みのなかった税金関係の部分もクリアにすることができます。

また、税金関係だけではなく、この仕事での稼ぎ方なども教えています。稼いでいるチャットレディの働き方を参考にできるので、自分も高収入チャットレディになれる可能性を高められるでしょう。

また、チャットレディのリスクである身バレや家族バレ。このリスクに対する効果的な対策方法も教え込んでいます。「身バレや家族バレのリスクを抑えながら、安全にチャットレディとして働きたい」という人は、是非チャットレディAliceに登録して働いてみて下さい。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP