チャットレディを副業でやる場合の確定申告!税金を納めないリスクや申告の流れを確認しよう|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
働き方
チャットレディを副業でやる場合の確定申告!税金を納めないリスクや申告の流れを確認しよう
 更新日:

チャットレディを副業でやる場合の確定申告!税金を納めないリスクや申告の流れを確認しよう

チャットレディは副業でも確定申告が必要

普段会社員として働いている人は、年末調整があるので自ら確定申告をする機会もほとんどないでしょう。
しかし、チャットレディの仕事を副業で始めるのであれば、その収入は原則確定申告をしなければなりません。
そのため、確定申告に関する知識を付けておく必要があります。
この記事では、副業チャットレディが知っておきたい確定申告の基本知識から申告の流れをご紹介します。

チャットレディの大半は副業で働いている

チャットレディの約7割は学生や主婦、OLと言われ、副業でチャットで働いている人が大半を占めています。
チャットレディは空いた時間に働ける特徴から副業として人気が高いお仕事です。
ちなみに、副業でチャットレディの仕事をする人の平均月収は10万~20万円が平均的です。
また、月20万~30万円以上も稼いでいる人も多くいます。
働き方やスキル、工夫によって報酬は大きく変わりますが、一般的なアルバイトやパートと比較して高収入を得られやすい点がチャットレディの魅力です。

副業チャットレディも知っておくべき確定申告の基本

チャットレディの仕事は副業でも高収入を狙えるため、確定申告が必要になる可能性があります。
一定の収入を得たらしっかり確定申告ができるように、ここで基本知識を身に付けておきましょう。

チャットレディの所得にかかる税金の種類

チャットレディが稼いだ所得には税金が発生します。
所得とは、収入から必要経費を差し引いて残った利益のことです。
その所得には、次の税金が発生します。

・所得税 一定以上の所得がある場合に発生する国税です。
所得金額が増えるたびに税率が高くなる累進課税制度が用いられています。
・住民税 自分が住む自治体に納付する地方税です。
税率は自治体によって異なりますが、一定所得の一律10%程度としているケースが多いです。
・復興特別所得税 東日本大震災の復興を目的に一時的な措置として設けられている国税です。
所得税率の2.1%分の税金を納付することになります。

 

なお、日本では基礎控除や医療費控除など各種控除を利用し、所得税の負担を軽減できます。基礎控除の場合、収入に合わせて48万円を差し引くことが可能です。
例えば、所得が150万円ある場合は基礎控除が適用されることで、所得税の対象を102万円にまで下げられます。
上記で説明したように所得税は所得金額に応じて税率が上昇するので、所得額自体が控除により下がると実際に負担する税金も下がります。

確定申告について

そもそも確定申告とは、所得税や特別復興所得税の申告と納税をするための手続きです。
毎年1月1日から12月31日までの稼いだ総収入から所得と税金を求め、翌年の2月16日から3月13日までに税務署で手続きを行う必要があります。
なお、確定申告では住民税の申告と納税は含んでいません。
しかし、自治体は税務署と情報共有しているので、確定申告をやっておくと個別で住民税の申告をする必要がなくなるメリットがあります。
そして、自治体は前年の所得に基づいて住民税を再計算し、6月頃に住民税決定通知や住民税納付書を送付します。
会社員は勤務先を通じて住民税決定通知が届き、住民税は給与から天引きされるので、個人で納付する必要はありません。
一方、個人事業主や確定申告で住民税を自ら支払う普通徴収を選択している場合は、住民税納付書が届くので、それを使って納付することになります。

副業チャットレディに確定申告が必要なケース

確定申告が必要か不要かどうかは、所得金額によって判断が変わってきます。
通常、所得金額が48万円以上となる場合は確定申告が必要です。
この基準は、基礎控除額の48万円が元となっています。
所得が48万円以下だと基礎控除の適用で所得0円の状態になるので、基本的に確定申告は不要です。
しかし、副業でチャットレディをやる場合は確定申告が必要となるラインが変わってしまうので、注意が必要です。
副業の所得金額が20万円以上の場合は、確定申告をしなければなりません。
基礎控除は本業の給与所得で適用されているため、チャットレディの所得では適用されないので注意してください。
また、チャットレディの所得が20万円以下であっても、他に給与以外の収入があれば、それも所得に含まれるため、20万円を超えたら確定申告をしなければなりません。

確定申告を無視するとペナルティがある

確定申告を怠ってしまうと、税務署から調査票が送付される可能性があります。
そのまま無視すると税務調査の対象となり、そこでチャットレディの収入に所得税があることとが分かれば、ペナルティを課された上で納税を求められるので注意が必要です。
無申告や期限内に税金を納めないと、無申告加算税や延滞税などがプラスされてしまいます。
さらに、所得隠しなど悪質な行為をした場合は、重加算税も追加されます。
ペナルティが追加されると納税の負担が大きくなるので、確定申告はしっかり行いましょう。
なお、仮に確定申告が不要な所得であっても、所得の申告という意味で確定申告をしておくと別途で住民税の申告をする手間が省け、税務署から調査票が送られてくるリスクもなくなります。

チャットレディの確定申告の流れ

ここからはチャットレディに必要な確定申告の流れを大まかにご紹介します。
確定申告をする上で注意したいポイントも解説しているので、参考にしてみてください。

確定申告の方法を決定する

確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。
青色申告では青色申告特別控除が利用でき、さらに税金の負担を軽減できます。
ただし、税務署に開業届と青色申告承認申請書の提出が必要になるので、副業であれば基本的に白色申告で問題ありません。
本業並みにチャットレディで稼ぐのであれば、青色申告を検討してみましょう。

帳簿に基づいて収支を計算する

確定申告をするにあたり、帳簿を元に収入から所得を計算する必要があります。
普段からチャットレディの収入や支出は帳簿に記帳し、支出を証明できる領収書やレシートは保管しておいてください。
少なくとも、納税者は5年間の帳簿と裏付ける書類を記帳・保存する義務があります。
なお、白色申告の場合は簡易的な記帳でも認められるので、最低でも収入額や必要経費としてどれだけ支出したのか、客観的に記載しておきましょう。
また、チャットレディは必要経費とみなされるものが色々あります。
具体的には衣装代、化粧品代、インテリア・備品代、配信用の機材、通信費、通勤の場合の交通費、書籍代、税理士など専門家の報酬などが必要経費に該当します。
必要経費が多いほど所得金額が下がるので、節税に効果的です。
ただし、チャットレディはプライベートでも使うものが混ざってしまいがちです。
衣装や化粧品、家賃などプライベートでも使うものは、一部の費用だけ経費に計上しなければなりません。
必要経費にみなされるかどうかは管轄の税務署によっても異なるので、判断に迷った時は問い合わせて確認しておくと安心です。

必要書類を作成して提出

1年間の収支を計算したら、翌年2月16日から3月15日までに確定申告と納税を済ませてください。
白色申告の場合は、以下の書類が必要です。

・確定申告書B
・収支内訳書
・医療費控除や社会保険控除など控除を証明できる書類

ちなみに青色申告の場合、適用される控除額によって必要書類は少し違いますが、上記の書類に加えて青色申告決算書、損益計算書、賃借対照表(65万円控除の場合)を用意してください。
提出方法には、e-Tax、所轄税務署の受付に直接提出、収受箱への投函、郵送による送付といった手段があります。

税金を納付する

所得税の納付方法は以下のとおりです。

・振替納税を利用する
・e-Taxで納付
・クレジットカードで納付
・QRコードによるコンビニストアで納付
・金融機関や税務署の窓口で現金納付

e-Taxの場合、確定申告等作成コーナーで確定申告書を作成すれば、提出から納税までオンラインで完結できます。
e-Taxでの申告・納税が難しい場合は、他の方法で期限内に納税しましょう。

副業チャットレディの確定申告に関する悩みを解決したいなら

今回は、チャットレディのお仕事を副業でやる人が知っておきたい確定申告についてご紹介しました。
チャットレディの所得が20万円以上ある場合は、確定申告が必要です。
申告しないとペナルティが課せられ、税金の負担が大きくなってしまうので要注意です。
チャットレディ代理店のアリスでは、確定申告や税金対策のサポートを行っています。
顧問税理士がいるので、確定申告や税金に関する専門的なことを気軽に相談し、対処することが可能です。
他にもチャットレディが安心して働けるようにきめ細かなサポートを用意しているので、ぜひ登録してみてください。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP