チャットレディが待機時間中にできることとは?稼ぐための方法を解説!

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

対策
チャットレディが待機時間中にできることとは?稼ぐための方法を解説!
 更新日:

チャットレディが待機時間中にできることとは?稼ぐための方法を解説!

チャットレディの悩み「待機時間」の問題を解消しよう!

チャットレディを悩ませるものの1つに「待機時間」があります。
待機時間とは、お客様とチャットをするまでの待ち時間を指します。
チャットレディの中にはこの時間を「待機地獄」「魔の時間」と捉える人も多く、人気チャットレディと稼げないチャットレディの差は待機時間の差だとも言われています。
今回はこの待機時間について、過ごし方や稼げるコツなどをご紹介します。
思ったように稼げない、待機時間を苦痛に感じている方はぜひ参考にしてください。
待機時間に対する心構えを変えて、人気のチャットレディを目指しましょう。

チャットレディの待機時間とは?待機時間の平均ってどれくらい?

チャットレディにとって待機時間は、チャットをするまでの待ち時間ではありません。
お客様に自分の魅力をアピールして選んでもらう時間です。
人気のチャットレディは待機時間中に話し相手を何人も見つけます。
一方、待機時間が長いチャットレディがいるのも事実です。
ここでは、チャットレディの待機時間や待機時間の平均についてご紹介しましょう。

チャットレディの待機時間とは?

チャットレディの仕事経験がない方にとって、この待機時間がどのようなものかわからない方も多いでしょう。
チャットレディと聞くと常にお客様と話しているイメージが強いかもしれませんが、そうではありません。
お客様がチャットをする相手をひたすら探す時間=チャットレディの待機時間なので、選ばれなければチャットすることなく永遠と待機時間が延びていきます。
チャットレディにとってこの待機時間はただ部屋で普通に待つのではなく、お客様に選んでもらうための時間です。
また、自分の態度次第で「この子と話してみたいな」と思ってもらえる割合は変わってきます。
そのため、待機時間の過ごし方がとても重要になってくるのです。

待機中の報酬はゼロ!

チャットレディの報酬はお客様とチャットをした時間によって決まります。
つまり、待機時間中は基本的に報酬が発生しません。
いくら魅力的な衣装で笑顔を振りまいていても、チャットできなければただ働きになってしまいます。
そのため、チャットレディはこの待機時間をいかに減らすかを重視することが大切です。

平均的な待機時間とは?

チャットレディ初心者の方は思った以上に待機時間が長くなり、心配になる方も多いでしょう。
人気のチャットレディであれば待機後1~2分で話しかけられるので、自分の待機時間が長いのか気になる方もいるかもしれません。
一般的に常連のお客さんがいるチャットレディであっても、10~20分の待ち時間はよくあることです。
チャットをする時間帯によっても変わりますが、22時頃であれば15分以内に声をかけられるのが理想的です。
男性会員が少ない昼の時間帯であれば、30分以内を目安に考えると良いでしょう。
もし稼げる時間帯に出勤しているのに20分以上声がかからなければ、一度休憩を挟んで何が問題なのか確認することをおすすめします。

稼ぐチャトレはここが違う!待機中の使えるテクニック

待機時間を活用する際のポイントは、常に見られていると意識することです。
ここでは待機中に使えるテクニックをいくつかご紹介していきましょう。

とにかく姿勢を整える

姿勢1つで印象が大きく変わります。
他のチャットレディと差別化したいなら、ぜひ取り入れてほしいテクニックです。
頭のてっぺんから吊られているようなイメージで姿勢を正してみてください。
それだけでお客様から見てきちんとした印象に映ります。
自分ではできていると思っていても、多くの方は肩が内側に丸まり、少し前のめりになっているので一度鏡でチェックしてみてください。
待機中は特に気が緩んでしまうので、姿勢は常に意識しておくと良いでしょう。

笑顔を振りまく、手を振ってみる

チャットレディが笑顔なだけでお客様からあなたへのハードルが下がり「話してみたい」という気持ちが強くなります。
「カメラにお手振りをするのは恥ずかしいし、常に笑顔なんて疲れる」と考えるのはもったいないです。
笑顔をキープしている分、お仕事中に表情筋も鍛えられてラッキーくらいの気持ちでいきましょう。
すぐにチャットにつながらなくても、お客さんには「いつもこの子はニコニコしている」と良い印象を持ってくれます。

待機中のコメントを工夫する

稼げるチャットレディはコメントの使い方が上手です。
多くの女の子の中から選んでもらうためにも、お客様に刺さる一言を用意しましょう。
「暇だから誰か話し相手になって!」ではなく、「今日は誰かに慰めてほしい…」と訴えかけるようなコメントや「初めてコスプレしてみました!どうですか?」など、相手がつい話してみたくなる一言が効果的です。

メイクや服装にこだわる

中身やトークに自信があっても、多くの女の子から選んでもらうにはやはり見た目も意識しなければなりません。
外見は、お客様から見て魅力的な印象を与えているか確認しましょう。
シワのある洋服やパジャマ、適当なメイクやすっぴんはNGです。
男性はお金を払って魅力的な女性とお話に来ています。
だらしない印象やお金を払ってまで話したいと思えるような姿でなければ、声はかからないでしょう。
ターゲットを絞り、セクシーな衣装やコスプレなどを取り入れてみるのもおすすめです。

カメラの位置・角度・画質・背景・明るさを確認する

お客様に自分がどのように映っているか確認することも重要です。
自分が魅力的に映る明るさや角度なのか、部屋は散らかっていないかなど確認しましょう。
部屋がごちゃごちゃしていていたり、汚れていたりするとあなたではなく汚部屋に目が行ってしまいます。
まずはカメラの位置や角度が適切か確認してみましょう。
次に明るさや画質を調整して見やすくします。
背景には自分の身バレにつながるようなものは置かず、女の子らしいアイテムを置くのがおすすめです。

NGな待機時間の過ごし方

待機時間中、お客様にとって印象が悪くなる行為はなるべく避けてください。
以下の行動をとっていないか、改めて確認してみましょう。

スマホを常にいじっている、何かしている

待機している時間を有効活用しようとして動画やスマホに夢中になるのは止めましょう。
もし同じ時間帯にニコニコ笑顔で手を振る女の子と、スマホでゲームしている女の子がいたら、どちらをお客様は選ぶでしょうか?
また、何か作業に熱中している場合、話しかけづらい雰囲気を与えてしまうのでその点も注意してください。

真顔での待機

待機時間に慣れてくると、カメラ越しにお客さんがいることに鈍感になってきます。
つい気を抜いて真顔で待ち時間を過ごしたり、だらけた姿勢でカメラに映ってしまったりするのはもったいないです。
お客様に怖い印象を与えてしまうだけでなく、楽しく話せる雰囲気がなくなります。

待機地獄で悩んでいる方に

チャットレディにとって待機時間は苦しい時間でしょう。
長時間の待機時間が続くと自信がなくなり、モチベーションが下がる方も多いです。
しかし、諦めるにはまだ早いです。
待機時間を短くするには、自分から行動することも大切です。
以下の方法で待機時間を乗り越えていってください。

常連客をつくる

常連客がいれば、定期的な訪問があるので待機時間が減ります。
また、頑張って新しいお客様にアプローチし続けなくていいので、気持ちの面でも楽になるでしょう。
常連客をつくるには多くの中の1人としてではなく、特別な相手と感じてもらうことが重要です。
話した内容や関心事、お互いの共通点などメモしておき、次回のチャットで利用しましょう。
「もう一度話してみたい」「あの子は何しているのかな?」など、気になる存在になることが重要です。
また「話すと安心する」「仕事が頑張れる」など、お客様にとってほっとする相手になるのも有効でしょう。

そんな日もあると凹まない

努力して、工夫したとしても待機地獄が訪れる日はあります。
そんな時は、腐らずそんな時もあると割り切りましょう。
毎回落ち込んでいてはメンタルがやられてしまうからです。
チャットレディは、簡単に稼げそうに見えて努力や忍耐力が試される仕事でもあります。
人気のチャットレディもそういった試練を乗り越えて今があります。
いつか素敵な常連客ができるまで、今できることを淡々とこなしていきましょう。

待機時間をなくすならチャットレディアリスがおすすめ!

今回はチャットレディの待機時間について、待ち時間の長さや待機時間の有効活用についてご紹介しました。
この記事でご紹介したとおり、待機中の過ごし方で稼ぎ方は変わってきます。
しかし、なかなか効果が出ず、何が原因で待機時間が長いのか悩む方も多いでしょう。
そういった場合には、チャットレディ代理店アリスへの登録がおすすめです。
アリスでは女性のサポートスタッフが在籍しており、教育制度も整っているので初心者の方でも安心して稼げます。
衣装やチャットルームも用意されているので、初期費用がかからない点も魅力です。
待機の時間の長さをマイナスに捉えるのではなく、コツコツと次につなげる時間にして稼げるチャットレディを目指しましょう。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP