チャットレディで個人事業主になろう!開業届を出すことで得られるメリットを解説|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
税金
チャットレディで個人事業主になろう!開業届を出すことで得られるメリットを解説
 更新日:

チャットレディで個人事業主になろう!開業届を出すことで得られるメリットを解説

チャットレディは個人事業主に該当する

自宅にいながら稼げるチャットレディに興味を抱いている女性が増えてきています。
頑張れば頑張った分だけ稼げる魅力がチャットレディにはありますが、アルバイトやパートと同じようなくくりであると勘違いされがちです。
しかし、実際には委託契約者となる「個人事業主」であることを覚えておきましょう。
個人事業主であれば開業届も出せるので、より高い収入を目指せるようになった際には、開業届を出して多くのメリットを得るのも得策です。
本記事では、開業届についての解説やチャットレディが開業届を出すメリット、開業届の必要性について解説していきます。

チャットレディが出す開業届とは?

開業届は、「個人事業の開廃業届出書」が正式名称です。
税務署に対して個人事業をスタートしたことを申告するための書類で、提出をすると税務署から納税に関する書類や説明会開催の案内等が届きます。
開業についてあまり詳しく把握していないのであれば、説明会に参加して不明点を質問すれば疑問を解決しながらチャットレディとして活躍できます。
開業届を申請する際には、以下の項目などを記入する必要があります。

・納税地
・氏名
・電話番号
・生年月日
・マイナンバー
・職業
・屋号
・開業した場所の住所
・所得の種類
・開業日
・事業の概要

書類は税務署でもらえるほか、国税庁のホームページでダウンロードも可能なので、事前にプリントをして記入をしてから提出するとスムーズに申請できます。

チャットレディが開業届を出すメリット

ここからは、チャットレディが開業届を出すメリットを解説していきます。

青色申告が可能

開業届を出すと「青色申告」が可能になります。
青色申告とは確定申告の種類の1つで、1年の間に生じた所得金額を計算するために収入金額や必要経費など、複式簿記などの帳簿の提出が必要です。
一定の水準を満たせば所得から最大65万円が控除される仕組みで、家族を従業員として雇えるほか、赤字を繰り越せるなどのメリットが生まれます。
家族の給料は経費として認められるので節税効果が期待できます。

銀行口座が屋号で作れる

開業届を提出すると、銀行口座を屋号で作れます。
屋号は会社名のようなもので、チャットレディ専用の口座ができるので経理の管理がしやすくなります。

就労証明書を自分で作れる

就労証明書とは、事業主が従業員の就労状況を証明する書類です。
保育園や児童クラブへの入園申請や転職、外国人であればビザの取得に必要となり、申請をする際にはその都度記入をして提出する必要があります。
会社勤めであれば、事業所に依頼をして記入してもらいます。
そのため、受け取るまでに時間がかかることもあり、面倒に感じてしまう方も少なくありません。
しかし、チャットレディが開業届を出せば自分で就労証明書の発行が可能になるので、手続きを依頼する必要や急ぐ必要もないので便利です。

ローンの審査に通りやすくなる

個人事業主は、法人と比較すると社会的な信頼が低いので融資が受けにくいです。
クレジットカードを作れない、住宅ローンの審査に落ちる、車をローンで購入できないなど、チャットレディとして働く女性の中には不満に感じていた方もいたはずです。
カード会社によってはローンも可能ですが、所得が安定している・自己資金が多いといった条件をクリアしていなければ難しいです。
しかし、開業届を提出していれば会社員と同じ、もしくはそれ以上の信用度が得られます。
事業が軌道に乗ればより高い金額の融資も可能となるので、マイホームや専用オフィスの夢も現実化しやすいです。

補助金や給付金を受け取れる

開業届を出せば、手厚い支援も受けられます。
例えば、持続化給付金もその1つです。
新型コロナウィルスの影響によって売上が落ちている個人事業主や中小企業に対して支給される給付金で、事業を継続させるために活用できます。
ただし、

・2020年1月以降コロナウィルスの影響で1ヶ月の売上が前年比同月比で50%以上減少した事業者
・2019年以前から事業収入を得ていて今後も事業を続ける意思がある事業者

などの条件があるので注意してください。
開業届が提出済みで、条件に当てはまるチャットレディの方は給付金を受ける対象となるので利用を申請してみましょう。

チャットレディになったら開業届は必須?

チャットレディとして稼げるようになれば個人事業主として報酬が手に入ります。
報酬は税金が引かれる前のお金なので、自分自身で確定申告を行う必要があります。
しかし、報酬が増えれば増えるほど税金が高くなってしまうため注意が必要です。
高額な納税が続けば、チャットレディを続けることが難しくなる可能性もあります。
そんな時には開業届を提出して節税のメリットを受けられるようにすると負担を減らしながらチャットレディを続けられます。
しかし、全てのチャットレディが開業届を出す必要はありません。

無理に開業届を出す必要はない

チャットレディになると個人事業主となりますが、個人事業主になったからといって開業届を絶対に提出する必要はありません。
提出しなくてもペナルティを科せられることもないので安心してください。

経費が多いから白色申告でも問題ない

チャットレディになると自分自身で確定申告を行います。
確定申告は、1年間に得た所得を計算し、税金を支払うために必要な手続きです。
確定申告は、青色確定申告と白色確定申告の2種類があります。
一般的には白色で申告を行い、1年の間に事業で得た収入から経費を差し引いた所得分を申告します。
黒字の場合は税金を支払い、赤字の場合は税金を支払う必要がなくなります。
難しい帳簿をつける必要もないので、比較的誰もが簡単に申請できます。
一方、青色確定申告は白色よりも複雑で、以下のような知識を持っていないと申請するのも難しくなってしまいます。

・複式簿記による記帳
・貸借対照表や損益計算書の作成

簡易な記帳でも申請は可能ですが、その場合は特別控除の金額が10万円と少なくなる可能性があるので注意してください。
不明な点があれば税理士事務所に相談するなど、専門家のアドバイスを聞くと正確な申請ができます。

青色確定申告は非常に複雑なので、チャットレディを始めたばかりであると躊躇してしまう方も多いです。
あまり多く稼いでいない、副業としてチャットレディをしている女性であれば、白色確定申告でも問題のない程度の所得である可能性が高いので、無理に開業届を申請する必要はありません。
特にチャットレディは個人事業主の中でも経費が多くなる職業です。
WEBカメラやマイク、スマホやプリンター以外にも、コンタクトレンズやウィッグ、コスプレ用の衣装、美容室代やネイル代なども経費に該当します。
そのため、まだ始めたばかりであれば白色申告を選択し、必要であれば次の年から青色申告に切り替えると良いでしょう。

開業届を出した方がいいチャットレディの特徴

開業届を出した方が得をするチャットレディは以下の通りです。

・チャットレディの他にも個人事業所得がある
・帳簿の管理や書類の整理が得意
・65万円以上の利益がある、その予定がある

チャットレディとして働いている女性の中には、他の事業を始めようと検討している方もいます。
その場合、チャットレディの収入と合わせると確定申告が必要な金額になる可能性があるので、前もって青色申告をした方が大きな手間がありません。
また、確定申告では専門的な知識も必要となります。
経理の学校を卒業している、経理の経験がある女性であれば、青色申告の方が大きなメリットを得られます。
開業届を提出し、青色確定申告の申請をおすすめします。
また、チャットレディを本業としてより多く稼ぎたいと考えている方も、個人事業主として開業届を出せば節税効果を得られます。
複雑な申請が必要ですが、あらかじめ準備を整えておけばスムーズな申請も可能です。
確定申告ソフトや青色申告ソフトもあるので、活用すれば多くの知識がなくても申請しやすくなります。

チャットレディアリスなら手厚いサポートの中で働ける!

チャットレディになると個人事業主として報酬が得られます。
開業届を出せば所得控除が得られて節税効果が期待できますが、開業届を出さなくても何ら問題はありません。
確定申告に関しても、白色申告にするか青色申告にするか迷う方も多いはずです。
そんな時には、まずは1年チャットレディとして働き、そこで得た収入で判断するのもおすすめです。
ただし、確定申告は報酬から経費を差し引いた所得が48万円(OLであれば所得が20万円を超える時)を場合は必要です。
無申告は脱税行為となり税務調査が行われるリスクがあります。
「あまり稼いでいないから大丈夫」などと思わず、報酬はしっかりと管理をして確定申告をしましょう。
面倒な手間がかかる確定申告ですが、チャットレディ代理店アリスに登録をすれば、専門のスタッフによるサポートを受けられます。
確定申告だけではなく、開業届に関する質問やその内容にも丁寧に答えてくれるので、気になった方はアリスを活用してチャットレディを始めてみましょう。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP