チャットレディの仕事がバレたときによくある理由|確定申告の方法も | チャットレディアリスのお役立ちコラム

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディの仕事がバレたときによくある理由|確定申告の方法も

チャットレディとして働いていることを周りの人に知られたくない場合、さまざまな対処策が必要です。特に、本業で会社勤めをしている女性の場合は、確定申告の不備が原因で会社にバレるリスクがあります。

そこで今回は、チャットレディの仕事がバレたときに考えられる理由や、確定申告の注意点を紹介します。「チャットレディの仕事が誰かにバレているかも…」と感じている方や、身バレしたくないチャットレディはぜひ参考にしてください。

1.チャットレディの仕事がバレる理由は?

チャットレディの仕事がバレるケースには、家族や知り合いにバレる場合と、副業として会社にバレる場合の2通りがあります。各ケースで考えられる主な理由は、次の通りです。

チャットレディの仕事がバレるケース 理由
家族や知り合いにバレる場合
  • ・自分から人に話したため
  • ・パソコンの履歴を見られたため
会社にバレる場合
  • ・確定申告をしていなかったため
  • ・確定申告に不備があったため

まずは、それぞれのケースを交えながら、チャットレディの仕事がバレたときによくある理由を具体的に解説します。

1-1.チャットレディの仕事を人に話したため

チャットレディをしていることが周りの人にバレる1つ目の理由は、「チャットレディの仕事を人に話したため」です。

日常生活の中で、チャットレディの仕事をしていることをつい自分から話してしまうケースは少なくありません。

家族や信頼できる知人にだけ打ち明けたつもりでも、噂が広まって他の人にまで知られてしまう可能性は充分考えられます。たとえ信頼できる相手であっても、チャットレディの仕事をしていることは自分から話さないように気を付けましょう。

1-2.パソコンの履歴を見られたため

チャットレディをしていることが周りの人にバレる2つ目の理由は、「パソコンの履歴を見られたため」です。

他の人と共同で使っているパソコンでチャットレディの仕事をすると、ブラウザの履歴に残っていたチャットレディサイトのURLからバレてしまう危険性があります。

パソコンの履歴からチャットレディの仕事がバレることを防ぐためには、以下2つの対策を講じましょう。

  • ・自分専用のパソコンでチャットレディの仕事をする
  • ・共有パソコンを使う場合は履歴をこまめに消す

チャットレディの仕事をするために自分専用のパソコンを買えば、履歴を他の人に見られる心配はありません。パソコンにロックをかけておけば、より安心・安全です。

また、やむを得ず共有パソコンでチャットレディの仕事をする場合は、ブラウザの履歴をこまめに消すことを忘れないようにしましょう。

1-3.確定申告をしていなかったため

チャットレディをしていることが副業として会社にバレる1つ目の理由は、「確定申告をしていなかったため」です。

チャットレディの仕事に関わらず副業をしており、かつ副業による所得が定められた額を超える場合は、年に1回の確定申告が必要となります。確定申告の手続きをしなかった場合、法定調書や税務調査でバレてしまう危険性が高くなります

法定調書は企業が税務署に提出する書類で、1年間を通して企業が誰にいくら支払ったかが記載されています。法定調書はチャットレディサイトや代理店が管理する書類のため、他人に情報が漏れる心配はありません。

しかし、法定調書がきっかけで税務署に目を付けられた企業には税務調査が入るケースがあり、確定申告をしていなかった場合はバレてしまいます。

1-4.確定申告に不備が生じたため

チャットレディをしていることが副業として会社にバレる2つ目の理由は、「確定申告に不備が生じたため」です。具体的には、住民税の納付方法によって本業の会社にバレるケースがあります。

本業で会社勤めをしている人の場合、住民税の納付方法は勤務先の給料から天引きされる「特別徴収」という仕組みになります。
チャットレディで得た副収入分の確定申告をするとき、住民税を特別徴収にしてしまうと、納税額が会社に通知されてしまいます。会社の給料にかかる住民税よりも明らかに高い金額を支払っていれば、副業に気づかれる危険性が高いです。

確定申告書類にある住民税の徴収方法に関する項目で「普通徴収」を選択すれば、副業分の住民税は職場に通知されません

2.チャットレディの仕事がバレていない場合も要注意

家族や知り合いにチャットレディの仕事がバレてしまうことは、もちろん避けたいものです。しかし、確定申告をしていなかったり、確定申告に不備があったりすると、最悪の場合「脱税」とみなされてしまう可能性もあるため、特に注意が必要です。

特に税務署は、確定申告をしていない場合でもすぐに連絡をくれるわけではありません。
チャットレディの仕事がバレていないと思っていても、税務署は税金を支払っていないことに気付いており、「バレていない」「問題ない」と勘違いしてしまっているだけの場合があります。

ここからは、チャットレディの副収入に対する確定申告をしなかった場合のリスクやペナルティについて解説します。

2-1.わざと連絡を遅らせることがある

税務署は税金を払っていない人に対してすぐに連絡せず、数年後に連絡することがあります。わざと連絡を遅らせる理由は、未納のまま時間が経つと無申告加算税などのペナルティが増え、より多くの税収が得られるためです。

税務署はチャットレディの運営会社や代理店の支払調書が確認できるため、チャットレディが受け取った報酬額を把握しています。数年間税金が未納となっていても、後から指摘すれば未納分も含めて回収できるため、すぐには連絡しません。

チャットレディの仕事を始めて1年目や2年目に確定申告をせずに済んだと思っていても、3年目以降に税務署から連絡が来る場合があるため、毎年忘れずに確定申告をするようにしましょう。

2-2.より多くのペナルティを課せられる

税務署は、確定申告をしていなかった・確定申告が遅れたなど何らかの不備があった人に対し、ペナルティを課しています。
ペナルティの対象となるのは以下のケースで、各ケースにより支払うべき「延滞税」が設定されています

  • ・確定申告をしなかった場合
  • ・期限より遅れて申告した場合
  • ・本来の税額より少ない金額しか納めなかった場合

各ケースにより支払うべき延滞税は、以下のとおりです。

確定申告をしなかった場合
無申告加算税 本来の税額の15%~20%
過少申告加算税 なし
重加算税 本来の税額の40%
延滞税 7.3%~14.6%×遅延日数/365
期限より遅れて申告した場合
無申告加算税 本来の税額の5%
過少申告加算税 なし
重加算税 なし
延滞税 7.3%~14.6%×遅延日数/365
本来の税額より少なかった場合
無申告加算税 なし
過少申告加算税 本来の税額の10%~15%
重加算税 35%
延滞税 7.3%~14.6%×遅延日数/365

さらに、無申告や申告の遅れ、未納分の税金が発覚した場合、上記のペナルティに加えて、本来支払うべき税額分も同時に請求されます。

3.チャットレディの仕事がバレていなくても確定申告をしよう

チャットレディの仕事が周りの人や会社にバレていなくても、確定申告をすることがおすすめです。確定申告は年に1回だけすれば良く、やり方が分かれば自分で手続きができます。また、自分で確定申告をすることが難しい場合は、税理士への依頼も可能です。

ここからは、自分で確定申告をする場合の流れと、税理士に依頼する方法について解説します。

3-1.自分で確定申告をする

自分で確定申告をする場合、まずはチャットレディの仕事で1年間に稼いだ収入を確認しましょう。前年の1月1日から12月31日までに振り込まれた報酬が、確定申告の対象となります。

チャットレディの仕事に使うヘッドセットやパソコン、WEBカメラなどの代金、インターネット通信料などを支払った場合は、費用の一部を必要経費として申告することが可能です。
収入から経費や控除額を差し引いた金額に対して税率をかけると、支払うべき税額が決まります

確定申告には白色申告と青色申告の2種類があり、青色申告では最大65万円分の青色申告特別控除を受けることが可能です。ただし、青色申告は白色申告よりも手続きが複雑で、事前に「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。

3-2.税理士に依頼する

チャットレディの仕事で税金の未納がバレた場合や、自分で確定申告をすることが難しい場合の対処法として、税理士事務所への依頼があります。
確定申告を税理士に依頼する場合は手数料がかかるものの、安心して確定申告を行うことが可能となるでしょう。

税理士の選び方として、以下の3つのポイントが挙げられます。

  • ・チャットレディの仕事に理解がある
  • ・節税のアドバイスを積極的にしてくれる
  • ・レスポンスが早い

上記の条件を満たす税理士に依頼すれば、チャットレディで多くの報酬を稼いでいる人でも安心です。

まとめ

チャットレディの仕事がバレたときによくある理由や、確定申告の方法を解説しました。チャットレディの仕事は、自分から話したりパソコンの履歴を見られたりするほか、確定申告の不備によってもバレるリスクがあります。

チャットレディの仕事がバレていない場合でも、確定申告の手続きは必要です。自分で確定申告の手続きをすることが難しい場合は、税理士への相談も検討してみてはいかがでしょうか。

2020年1月27日 カテゴリー: 新着情報

▲ PAGE TOP