チャットレディはローンを組める?注意点やコツも知りたい!|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディはローンを組める?注意点やコツも知りたい!
 更新日:

チャットレディはローンを組める?注意点やコツも知りたい!

チャットレディのような個人事業主はローンが組みにくい?コツや注意点とは

チャットレディは女性なら誰でも高収入を稼ぐことが可能な注目のアルバイト求人です。アルバイトと表現しましたが、厳密にいうとチャットレディは雇用されたアルバイト社員ではなく、個人事業主扱いになります。

雇用された会社員やアルバイト社員のように、時給や月給が設定されていてある程度決まった給料が毎月もらえるというものではなく、サイトでお客さんと繋がって稼げた分だけ毎回バラバラの報酬を受け取るという形になります。

こういった毎月の収入が安定しない個人事業主は、ローンが組みにくいという噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では実際にチャットレディはローンを組むことができるのか、注意点やコツなどを踏まえて徹底解説していきます。

チャットレディがローンを組むコツ!条件はあるの?

チャットレディでも借りられる可能性が高いカードローンは、多くのチャットレディが審査を通過しています。
とはいっても、審査に通らない場合もあるということを忘れないでください。

では、チャットレディーがローンを組むコツや条件はどんなものがあるのでしょうか。ご紹介していきましょう。

旦那さんがいるなら専業主婦として申し込むと良し

チャットレディとして働く女性で、家庭のある人はたくさんいます。旦那さんがいる場合は、職種をチャットレディとして申し込むのではなく、専業主婦として申し込むことをおすすめします。

専業主婦は収入が0ということなので逆に不利になる気もしますが、専業主婦の場合は旦那さんの収入も一緒に審査してもらえるので、旦那さんが返済能力があると判断された場合、配偶者貸付としてローンを組むことが可能です。

下手にチャットレディという安定しない仕事をしていると申告するよりは、旦那さんのお給料をあてにした方が良いでしょう。

専業主婦にすることによって、旦那さんにチャットレディの仕事がバレてしまうのではないかという不安がある人もいるかもしれません。専業主婦として申告するのであれば、勤務先に勤めていないということで在籍確認の電話が行くことはありません。配偶者の勤務先に連絡がいくということもないので安心してください。

希望の融資額は高めにしない

ローンを組む時にいくらぐらい借りたいのかという希望聞かれます。この時に欲張って高い金額を設定してしまうと、ローンの審査が通らない可能性があります。

金融機関によるローンの審査というのは、借りたお金を全額返せるのか、毎月継続的に返せるのかということを判断する審査です。
あまりにも金額が高いと、返済ができないという判断になってしまうでしょう。

もし自分がお金を貸した側になったとしたなら、返せない人に貸すという行動には出ないですよね。あんまり欲張り過ぎるのはやめましょう。

自分が必要とする金額、必ず返済できそうな金額というものを見極めて融資額を設定してください。高めに設定すると最後に困るのは自分です。

申込時の記入内容は正確に

お金を借りるということはとにかく「信用問題」だということを忘れないでください。そのため、一つ一つの書類を丁寧に記入しなければなりません。

自分にとって記載ミスだったとしても、虚偽の個人情報を記入したと判断されてしまう可能性もあります。いつも間違えても指摘されたら直せばいいと思ってる人は特に注意してください。

チャトレのように収入が安定しないしない仕事についているからこそ、そういった細かい部分にまで気を遣うように気を付けてみてください。

本人確認書類は最新の状態に

ローンの審査を行う前に気を付けたいことは、自分が持っている本人確認書類は最新のものであるかチェックを行うということです。

ローンの審査の際に身分証明書を提出することは必須ですが、提出した身分証明書に不備がある場合は信用度が下がってしまうことでしょう。

転居や更新時期など、様々な理由で身分証明書を更新する必要が出てくるタイミングがあります。そういったタイミングを見落としていないか、ローンの審査を受ける前にあらかじめ確認するようにしてください。

チャットレディが組めるローンとは?条件も詳しく知りたい

チャットレディはローンが組みにくいということ、細かい注意点があるということがわかりました。高収入が稼げる仕事なので、まとまったお金を稼ぐことも可能かもしれませんが、生活費としてかかるお金もあるので限度もあります。

ローンといっても様々な種類があるでしょう。では、チャットレディとして働いている場合どんなローンなら組めてどんなローンなら組めないのか、ローンを組める条件とともにご紹介していきましょう。

住宅ローンは難しい

消費者金融や金融機関から借りられるもので、様々なローンがあります。
ローンの中でも一般人が一番高い金額の融資を受けるものといえば住宅ローンが代表的です。マイホームが欲しいと思っている人であれば、せっかく高収入を稼ぐことができるのであれば、住宅ローンを組んで家を建てたいと思うかもしれません。

しかし、現実的にチャットレディが住宅ローンを組むのは難しいといえます。住宅ローンは安くても数千万円を超えるのが一般的です。返済方法にもよりますが、収入の安定しないチャットレディは審査にほぼ通らないでしょう。

せっかく高収入を稼ぐことができるので、報酬を一生懸命貯めて現金キャッシュで買うというのもいいかもしれません。

ちなみに、チャットレディが本業ではなく副業で、ほかに会社員としての本業があるという人は例外です。審査は会社員として安定した給与を得ているということを証明することで、住宅ローンの審査を通過することが可能になりますよ。

カードローンは可能性高め

チャットレディでも比較的簡単にローンを組むことができるのは、カードローンです。注意点などに気を付けることで、ローンの審査を切り抜けることが可能です。

また、ローンの審査の厳しさは銀行やカード会社によって違うので、そこの見極めもしっかりしてみてくださいね。

審査基準をある程度前もって調べるようにしてみましょう。また、確定申告をしっかり行っているかどうかも重要なポイントになるので、毎年きちんと行うようにしましょう。

職種よりも雇用形態重視

実は、チャットレディという職種だからローンが組みにくいということではありません。チャットレディという仕事がまだまだ世の中に浸透していないからだと思っているのであれば、そうではないのです。

チャットレディのように個人事業主の仕事は事業収入、正社員として給与を得ている給料制の、この二つには安定性に大きな違いがあります。
安定性のある給料制の仕事であれば、仕事が急になくなるという心配がないので、ローンの審査に通りやすいのです。

そのため、チャットレディでも大手代理店の中では正社員制度を採用しているところがあります。正社員制度を採用している代理店はなかなかないので、ある程度信用度の高い会社であると言えるでしょう。

そのため、そこで正社員として働いているということで信用度も高くなり、ローンの審査も通りやすくなることでしょう。

給与の安定度は重要ポイント

雇用形態の他に見られることといえば、給与の支払われ方です。やはり、業務委託の仕事のように歩合給で報酬が支払われる場合は毎月の収入額も安定しないので、ローンの審査は厳しくなります。
また、アルバイトのように時給制だったり日給制だったりする場合、休みが多かった月は収入が減ってしまうことがあるため信用度も低くなるでしょう。

その点、正社員などの固定給が決められている場合は信用度が高くなります。チャットレディのように高収入ではありませんが、収入が0になるということもありません。
とにかく安定しているので、信頼度も高いのです。

今後ローンを組むことを考えるのであれば、本業の正社員+副業のチャットレディなど、信頼度の高い働き方を選ぶといいかもしれませんね。

勤続期間は長い方が良い

ローンの審査の際には、勤続期間も見られます。いくら正社員であってもまだ1ヵ月しか働いていなかったら安定しているとは言えません。勤続期間が長くなれば長くなるほど、信用度は高まるのです。

チャットレディのような業務委託の仕事であっても、それは同じです。ローンを組みたいと思ったなら、最低でも半年以上の勤務期間を得てから申し込みをしてみましょう。

ただ、勤続期間は長いほうがいいということだけ知恵を付けて、本当に働いた期間より長い期間を申請してしまうと審査に通りにくくなってしまいます。
信用度はとにかく誠実であることも大切だということを忘れないでください。

過去に支払い遅延がないことも条件の一つ

実は特に大事である過去の支払い遅延履歴は、大事な条件の一つです。支払いの遅延とは、スマホの支払いなどでうっかり銀行口座に入金することを忘れてしまって遅れたことがあるという小さなことでもカウントされてしまいます。

こういった支払いの遅延は事故情報として個人信用情報に登録されて、ブラックリストに載ってしまっています。
このブラックリストに載ってしまっている場合はローンの種類によりますが、審査に通りにくくなるでしょう。

普段から返済日には必ず口座へ入金しておくという習慣を付けておいてください。

20歳以上はほとんど必須

ほとんどの金融機関では、20歳以上でなければローンを組むことができません。法律で、未成年者は親権者や後継人の同意なくしては法律行為を行えないことになっています。もしも、未成年が法律行為を同意なしで行った場合、それを取り消すことが可能になるのです。

そのため、未成年にお金を貸してしまうと、お金を返さなくても取り消しができてしまうということになるかもしれません。そうならないためにも、20歳以上であることが条件なのです。

チャットレディでもローンを組みたいなら相談に乗ってくれる代理店があると安心

今回の記事ではチャットレディでもローンが組める場合と組めない場合、注意点や条件など、難しい話がいっぱいでした。
確定申告や信用問題、審査などいろいろな言葉が出てきてちんぷんかんぷんな人もいるかもしれません。

難しいからローンは諦めようと思っている人はまだ早いです。チャットレディAliceなら、ローンの審査に通る方法についての相談にも乗ってもらえますよ。Aliceは大手代理店なので、正社員制度も準備されています。この正社員制度を使用してローン契約の利用もできるかもしれません。少しでも気になったら、Aliceに電話かメールをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP