チャットレディの個人情報が特定・流出しやすいという噂の真相は!?防ぐ方法もご紹介|チャットレディの高収入求人・募集情報なら【Alice】

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 全国
    全国各地のアリスへお問い合わせください
アドバイス
チャットレディの個人情報が特定・流出しやすいという噂の真相は!?防ぐ方法もご紹介
 更新日:

チャットレディの個人情報が特定・流出しやすいという噂の真相は!?防ぐ方法もご紹介

チャットレディで個人情報が流出するって本当?

チャットレディは稼げる仕事として多くの求人サイトに掲載されています。
稼げると聞くと安全性が気になるものですが、チャットレディは個人情報が流出しやすいと囁かれています。
その事実は本当なのでしょうか?
ここではチャットレディの個人情報が流出しやすい噂が本当なのかどうなのか、さらに個人情報の流出を防ぐためにやっておくべきことをご紹介していきます。

チャットレディは個人情報がバレやすいのか?事務所側が個人情報を悪用するリスクは?

事実チャットレディは個人情報が流出しやすい仕事です。
チャットレディのお仕事を始めるには必ず個人情報を提出するように決められています。
これは風営法によって定められていることで、チャットレディ事務所が提出を求めること自体は何も問題はありません。
むしろ、提出の必要はないと答える運営会社の方が危険です。
本来チャットレディは18歳以上の女性でなければできない仕事です。その決まりを、個人情報を提出させずに破るチャットレディ事務所は、法令に遵守しないことから身に危険を及ぼす事件に巻き込まれることもあるのです。
加えて、運営会社は法律に従って従業員名簿の作成も課せられています。
バイト感覚で1日だけ試してみたいという場合でも従業員名簿の作成をしなければなりません。
また、給与の振り込み時や事務連絡でも個人情報は必要です。
これらの理由によって提出必須となる個人情報ですが、流出しやすいということは事務所が個人情報を悪用しているのだと想像してしまうことでしょう。
運営会社が入手した個人情報は、個人情報保護法に基づいて管理を行いチャットレディが辞めた3年後には必ず抹消するようになっています。
この法令に従うため、情報が漏洩したり拡散したりという危険性はほとんどないので安心してください。

なぜ個人情報が流出しやすいと言われているのでしょうか?

その一番の原因は、レディ自身の気のゆるみにあると言われています。
チャットレディは多数の男性とオンライン上で関りを持つ仕事です。
毎日来てくれる男性ユーザーに気を許してしまい個人情報を喋ってしまった、名前や住所を強要されて怖くなって答えてしまったなど、レディの多くがチャット中に個人情報がバレてしまっています。
また、多額のお金が稼げるようになったことを伝えようと、周りにチャットレディであることを話してしまうといったケースで個人情報が流出してしまうことがあります。
チャットレディは、仕事やプライベートで個人情報が漏洩しないように気を付けなければなりません。

個人情報が出回った時に想定される危険性について

万が一個人情報が出回ってしまったらどのような危険が待ち受けているのでしょうか?
続いては個人情報流出のリスクをお伝えしていきます。

身バレ住所バレで男性にストーカーされてしまう

個人情報をうっかり流してしまうと大変危険です。
チャットレディではお客さんが気に入ったレディに付き纏うケースが増えています。
これは身バレや住所バレが原因で、ストーカー被害に遭って外に出られなくなったり、引越ししなければいけなくなったりと、かなり面倒なことに巻き込まれてしまうのです。
また、もしお客様に不快な思いをさせてしまっていた場合には、さらなる嫌がらせや暴行といった危険にもつながりかねません。

アダルトチャットの映像が出回ってしまう

チャットでは、アダルト要素を含む会話やパフォーマンスが許されているサイトや事務所もあります。
アダルトチャットになると報酬も高く設定される傾向にあるため、お金が欲しい女性にとっては魅力的に映ることでしょう。
しかし、アダルトチャットは物珍しさからスクショしたり、キャプチャしたりと男性が多い傾向にあります。
それらをアダルトサイトにアップされてしまうと、不特定多数の人に見られてしまうことになります。
場合によっては顔バレすることもあり得ます。

副収入が会社にバレて解雇に…

チャットレディは24時間自分の好きなタイミングでできる仕事なため、副業として選択する人もいます。
しかし、副業を禁止されている会社に勤めている人は、絶対に会社にバレずにチャットレディを続けなければなりません。
チャットレディは顔を出してチャットを楽しむ仕事であるため、顔バレしやすいです。
万が一顔バレして副業禁止の会社にまでバレてしまうと、解雇される可能性もあるので気を付けましょう。

チャットレディが個人情報を守るために覚えておきたい対策・注意点

ここからは個人情報流出を防ぐための策をご紹介していきます。
チャットレディなら必ず覚えておきたいことばかりですので、ぜひ目を通してみてください。

個人情報やプライベートについて話さない

男性と会話をしていると、個人情報やプライベートの話に繋がることは多いです。
「本名は?」「どこに住んでいるの?」「最寄り駅は?」「どこの学校に通っていた?」などといった質問がきても、答えられないと言いましょう。
男性の中には、天気を聞いただけでも個人情報の特定につながったケースがあります。
「最寄り駅くらいならいいかな?」と教えてしまった人は、駅に張り付かれたということもありました。
チャットレディに夢中になる男性の執着心を舐めてはいけません。
住所は絶対に教えない、名前に関しては偽名を使って、質問詰めの場から逃れるようにしましょう。

お客さんとデートはしない

チャットレディではお客さんと会うのはルール違反ではありますが、「高い報酬あげるよ」「良いもの買ってあげるから」などと言って、デートに誘ってくる男性はたくさんいます。
これらの誘い言葉に目がくらんでデートに行ってしまうと、個人情報を見られてしまう可能性があります。
スマホを覗かれたり、少し目を離した隙に財布に入っている個人情報を見られたりと、デートに行くことでも個人情報が知られてしまう危険性があるのです。
お客さんからデートの誘いが来たとしても、丁重に断ることが身の安全を守る大事なこととして挙げられます。

顔出し配信をNGにする

「バレないだろう」と思って顔出し配信したとしても、バレない可能性はゼロではありません。
多数の人が見ている中には会社の上司や家族もいるかもしれないでしょう。
もし家族に配信している姿を見られてしまったのであれば、YouTubeやTwitchなどで配信している、もしくは友人とスカイプしていたと答えるのがおすすめです。
会社の上司に見られてしまった場合には、厳しい処分が待っているかもしれませんので、副業としてやっている方は顔出し配信しない方が得策です。
顔出しNGにすれば様々なストーカー被害や顔から名前・住所を特定するなどのリスクを減らせることができます。

衣装やメイク、髪型で雰囲気を変える

ライブチャットは顔出し配信の方が人気は集まる傾向にあります。
顔出し配信でたくさん稼ぎたいという方は、衣装やメイク、髪型で雰囲気をガラリとチェンジさせましょう。
見た目がかなり変われば個人情報の特定は難しくなります。
メイクが苦手という方は、配信ソフトの加工機能を駆使して、イメージチェンジを狙っていくのがおすすめです。

背景にも気を付ける

カメラに収める背景にも気を付けなければなりません。
以前には映った部屋の間取りから住所を特定したり、部屋の窓から見える景色から住所の特定につながったりということがありました、
また、配信中に個人情報が記載されたものを映してしまったことで見バレしたケースもあります。
カメラに映す背景は、間取りが分かりにくい真っ平らな壁をバッグに、窓のカーテンを閉め、さらには個人情報が記載されたものはきちんと片付けてからスタートさせましょう。

チャットルームに通勤

通勤型であれば安心に仕事することができます。
先ほどでも挙げた間取りや窓の景色からの住所を特定する危険性や、個人情報が見られるといったことも少なくなります。
また、通勤する事務所は働いてから始めて教えてもらえるため、求人サイトから知ることはできません。
ホームページ上にもどこにも公開されていないため、男性客に通勤場所を知られてしまう心配もないのです。

個人情報漏洩の不安は、信頼度の高いアリスで解消しよう!

個人情報がばら撒かれることによって起こる恐ろしい結末は、誰もが体験したくないことでしょう。
ストーカー被害やアダルトサイトへの掲載など、これらのリスクにさらされず安心・安全にチャットレディを続けたいなら、アリスがおすすめです。
アリスでは、通勤型の働き方も用意しているチャットレディ代理店で、身バレ・顔バレ対策が徹底しているのが特徴です。
レンタル衣装の用意、掲載写真は加工OK、さらには、勤め先や家族、友人がいくこともありません。
さらに未経験者をサポートする教育制度や社会保険加入制度など、複数の魅力が揃っています。
個人情報の特定を防げるアリスで、新たなチャットレディ生活を歩んでみてはいかがでしょうか?
その際は、こちらでご紹介してきた対策方法もぜひ活用してみてください。

関連記事

ご相談はお気軽にアリスにおまかせください!

気になることは遠慮なくお問い合わせください

  • メールでのご応募お問い合わせ
  • LINEでのご応募お問い合わせ

▲ PAGE TOP