チャットレディは賃貸契約できる?必要書類や借りやすくなる方法も! | チャットレディアリスのお役立ちコラム

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディは賃貸契約できる?必要書類や借りやすくなる方法も!

チャットレディの仕事は、専業はもちろん副業でも働くことができ、そのうえ稼げる仕事でもあるため女性から人気の仕事です。

メリットも多くあるチャットレディですが、実際に働く場合にはさまざまな不安要素もあります。その一つに、賃貸契約はできるのかという点が挙げられます。

そこで今回は、チャットレディは賃貸契約をできるのかどうか解説します。契約する際に必要となる書類や、借りやすくなる方法についても解説するため、チャットレディとして働くことを検討している方は参考にしてください。

1.チャットレディの賃貸契約について

チャットレディが賃貸契約をする際には、特に気を付けるべき点があります。その点とは以下のとおりです。

  • ・音漏れしない物件を選ぶこと
  • ・インターネットの速度が早い物件を選ぶこと

音漏れしない物件を選ぶことは、チャットレディとして働く場合、非常に重要なポイントとなります。

チャットレディの仕事では、お客さんと話すために声を出す必要があります。音漏れがひどい物件で仕事をしてしまうと、声が漏れてしまい、トラブルに繋がるといったケースも少なくありません。そのため、木造建築や軽量鉄骨といった物件ではなく、分譲賃貸タイプの物件を選ぶことをおすすめします。

また、チャットレディはインターネット越しのチャットが主な仕事であるため、インターネットの速度が早い物件を選ぶことも重要となります。遅延が多かったり、画面が止まったりすることが多い場合、お客さんが離れてしまうことも少なくありません。

インターネットの速度が特別に早い物件を選ぶ必要はありませんが、遅延が発生しないかどうか、物件に関する口コミを確認することもおすすめとなります。

ここまで物件を選ぶ際の注意点を解説しましたが、実際のところチャットレディは賃貸契約が難しいと言われています。

1-1.賃貸契約が難しいと言われる理由

チャットレディの中でも、特に専業チャットレディは賃貸契約が難しいと言われています。その理由は以下のとおりです。

  • ・散財しやすい女性が多いこと
  • ・正社員ではないため給与が保証されていないこと

もちろん個人差はありますが、チャットレディや風俗などアダルト関係の仕事についている女性は、散財しやすいというイメージを持たれがちです。家賃の滞納や借金があるなど、お金にまつわるトラブルが多いこともあるため、賃貸契約をしてもらえないケースが存在します。

また、チャットレディは正社員ではなく業務委託という雇用形態となります。そのため、決まった給与が保証されていないことも大きな要因です。
たとえば病気になってしまったり、さまざまな事情で働くことができなかったりした場合、収入は各段に減ることとなります。

このように収入が安定していないことから、毎月しっかりと家賃を払ってもらえるのかどうか不安視されてしまうため、賃貸契約をしてもらえないケースも存在します。

1-2.賃貸契約をすることは可能

チャットレディの賃貸契約が難しいことは事実です。しかし、絶対に賃貸契約ができないというわけではありません。実際に賃貸契約を結ぶ際には、どのような仕事をしているのか相手に詳細を伝えないことが、大きなポイントとなります。

職業はチャットレディであると正直に伝えてしまうと、収入の面から契約を拒否されることが考えられます。そういった事態を防ぐためにも、職業欄に大まかな業種として個人事業主、あるいは在宅フリーランスと伝えることが重要です。

実際にチャットレディは個人事業主であるため、嘘をつくことにはなりません。また、そのように申告したほうが、チャットレディを名乗るよりも賃貸契約の審査には通りやすい傾向にあります。伝え方次第で賃貸契約はできることを意識しましょう。

2.収入を証明するためにはどうすればいい?

チャットレディが賃貸契約をする際には、基本的に収入の証明が必要です。

しかし、チャットレディは会社員ではなく個人事業主であるため、収入を証明する源泉徴収票をもらうことができません。このような場合は、他の方法で収入を証明する必要があります。

ここからはチャットレディが収入を証明するための方法について解説します。

2-1.支払調書をもらう

チャットレディが収入を証明するためにもっともわかりやすい方法は、収入を証明する書類となる支払調書をもらうことです。

支払調書は自分の登録しているチャットレディサイトや、チャットレディ代理店などで発行できることが多いため、必要な際には忘れず発行しましょう。

2-2.確定申告書を収入証明にする

多くのチャットレディサイト・チャットレディ代理店では、支払調書の発行を行っていますが、中には支払調書を発行していないサイトなどもあります。理由は、支払調書の発行義務は法律上存在しないためです。
そのため、チャットレディとして働いているサイト側が支払調書を発行しない場合、所得証明書として確定申告書を使用することとなります。

確定申告書には所得金額が記載されているため、収入証明書として使うことは全く問題ありません。また、職業の記載は不必要であるため、チャットレディとして働いていることを隠すこともできます。

3.少しでも借りやすくするための方法

ここまで、チャットレディの賃貸契約事情について解説しました。
チャットレディは賃貸契約を結ぶことが難しいという面もありますが、借りやすくするための方法も存在します。

ここからは、チャットレディが少しでも物件を借りやすくするための方法について詳しく紹介します。

3-1.ナイトワークに強い不動産会社を利用する

チャットレディと同じように賃貸契約を結びにくい職業の一つに、ナイトワークがあります。そのような職業の方をサポートするため、ナイトワーク専門の不動産屋が存在します。

キャバクラやガールズバーに代表されるナイトワークの特徴は、チャットレディと同様に毎月の収入が不安定になりやすいことです。ナイトワーク専門の不動産会社はその特徴を把握したうえで、ナイトワークで働く多くの人をサポートしています。

収入が不安定と言われる業種の方でも、きちんと契約するためのコツも把握しているため、チャットレディにおすすめだと言えるでしょう。

3-2.契約する前にアルバイトをする

チャットレディが賃貸契約を結びにくいという問題を解決するためには、契約前にアルバイトとして働く方法もあります。短期間であってもアルバイトとして働くことで、申込書に勤務先の名前を書くことができるため、入居審査に通る可能性が高くなります。

アルバイトとして働く場合、在職証明書を添付しなければならない場合は注意が必要です。特に在職証明のひな形が指定されており、月収の目安などを記載する場合は、その記載内容が大きく審査に影響する可能性が高くなります。

一時的であってもフルタイムやフルタイムに準ずる時間でしっかりと働き、在職証明の書類内容を充実させておくほうが、賃貸契約を結びやすくなります。

4.​契約が難しい場合は他の方法も考える

ここまで、チャットレディは賃貸契約できることをお伝えしました。しかし、実際に契約を断られ続ける場合もあります。そのような際は、他の方法を考えることが必要です。

この場合におすすめとなる方法は、チャットレディ事務所が所有している寮を使用することです。現在ではチャットレディ事務所の多くが、ワンルームのマンションやアパートなどを寮として提供しており、キレイで設備環境の整った寮も多くあります。
そのため、寮を活用することで、自分で部屋を探すよりも手軽に生計費を抑えつつ、快適な住居を確保することも可能です。

まとめ

ここまで、チャットレディの賃貸契約について、難しいと言われる理由や借りやすくなる方法などを解説しました。

今すぐに引っ越したいという方は、ナイトワーク専門の不動産会社に相談する、または契約前にアルバイトをすることがおすすめです。初期費用を難なく出せるお金を用意しておけば、契約できる可能性も高くなります。

これまで賃貸契約を拒否された経験のあるチャットレディの方は、今回の内容を参考にしてください。

2019年11月19日 カテゴリー: 新着情報

▲ PAGE TOP