チャットレディで身バレするリスクとバレないための対策まとめ | チャットレディアリスのお役立ちコラム

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディで身バレするリスクとバレないための対策まとめ

チャットレディは家にいながら、誰でも高収入を得ることができるお仕事です。
人と会うことがないので、リアルに人に会うキャバクラなどの接客業よりもリスクは少ないと言えます。ストーカー被害に遭うなどの危険に会うこともないでしょう。

ただし、逆に身バレするのではという心配もあるのではないでしょうか。
今回はチャットレディの身バレするリスクや対策について考えてみましょう。

1.チャットレディの身バレリスクは

チャットレディをして気になるところは身バレのリスクです。
サイト上で、ある程度顔を出さないとお客さんも来ないので、自分の顔を写すことになりますが、スクショを撮られるのもわからないので怖いところです。
そもそも身バレするのか、そのリスクについて考えていきたいと思います。

1-1.チャットレディは身バレするのか

チャットレディが身バレするのかについては、もちろん身バレする可能性はあるというのが答えです。
お客さんと会うことがない分、PCやスマホ上でやりとりすることになるので、画面の向こう側がどういう状況か見えないという状況ではあります。

身バレしても、デメリットはあってもメリットはないのでなるべく身バレしない方法を考えていきましょう。

1-2.チャットレディの身バレリスクには何があるのか

チャットレディが身バレするケースはどんなものがあるでしょうか。
知り合いがチャットに参加してきた、チャットしている人と偶然に会った、などさまざまなことが考えられますが、近年増えているのが、スクショの画像や動画がネット上で出回ってしまうというリスクです。

前者の二つは可能性はかなり少ないですが、スクショなどは危険性が常にある状態です。
スクショで動画を撮る目的は、私的な利用もしくは他のサイトなどで動画をアップして稼ぐという方法です。
私的な利用については、拡散性が低いため身バレする可能性は極めて低いですが、後者の動画にアップすることにおいては身バレする可能性が一気に広がるため避けたいところです。
ネット上にアップロードした時点で犯罪ですし、サイトから画像の申し立てをすれば削除させるので、そのリスクも下がってはいますが、海外にサーバーや運営会社があるサイトなどでは削除申請も時間がかかる場合はあり、一定のリスクは考えられます。

2.チャットレディの顔バレ対策

チャットレディが身バレしないようにするのに効果的なものが顔バレ対策です。
本人として紐づくのはもちろん顔になります、顔を出さなければお客さんが来ないこともあるので、ある程度は仕方がないと思われますが、極力リスクをとらないで済む対策を考えてみました。

2-1.チャットレディとして顔を出さない方法

チャットレディとして顔を出さない方法ですが、完全に出さないというのはやはり難しいので、なるべく顔が映らない方法を考えます。
まずは、待機においてなるべく映らないサイトを選ぶことで顔を出す時間を減らすということです。待機中の映像は会員でなくても見ることができるので、もし待機中に映像が映るものでも待機中の顔出しは避けましょう。
また稼ぎにくくはなりますが、鼻から下だけを映すという方法もあります。

2-2.顔を出す場合の気をつけること

アダルト行為をする際は顔を映さないなどの工夫も必要です。それだけでも言い訳ができます。
あと顔を出す際には、マスクをつけることやメイクを変えたりカラコンを変えたりウィッグをつけて変装したりして普段の自分と少しでも変えることが大事です。

変装
ウィッグ カラーを変えたり、長さを変えることで普段とは別人に。
カラコン カラコンの長時間使用は目にはよくないものの、チャット中は長くても、3〜4時間なのでその間は使う。
つけまつげ 面倒ではあるが、目を大きく見せたり印象を変えることができる。
アイプチ 一重の目を二重にしたり大きく印象を変えることができる。
ほくろメイク 普段ないところにほくろを描いたり、普段ある特徴的なほくろを消す。
ファンデーション・美白 美肌にしてライトを当てることで印象が大きく変わるので、普段より濃いめのメイクを。
部分ウィッグ 部分ウィッグで前髪をつくると印象は大きく変わる。
メガネ 伊達メガネやブルーライトカットなどは自然。色もついているとイメージは変わる。

3.チャットレディの身バレ対策

まず、チャットレディをやっていると身バレするのかですが、知らない人に身バレしないようにする方法はあるので、抑えておきたいところです。
まずは個人情報を教えない、言わないことが大切です。

3-1.身バレ対策まとめ

個人情報の身バレリスク
本名(姓名) フルネームがわかるとエゴサーチされる可能性も上がる。変わった苗字や名前の人も漢字は伝えないように。
年齢・出身校 直接は繋がってなくても、誰と誰がつながるかわかりません。
住所・最寄駅 ストーカーになる恐れもあり、周りにあるものなども気をつける
職業・職場 特定されるだけでなく、職場に来られることも。
連絡先 電話番号だけでなくLINE・メールアドレスも気をつけましょう。直接連絡取りたいと言われても慎重に。
部屋の中 窓の外を映さない(近くに特徴的なものがあるかも)
個人情報が写っているもの。免許証やパスポートはもちろんのこと、DMなどに名前や住所が載っているものは注意です。

個人情報を徹底して言わないことで完全な身バレは防ぐことはできます
本名や出身校がわかるとエゴサーチ、つまりネットで検索をかけることができてしまいます。何かの拍子で個人情報がネットに掲載されている場合もあります。またFacebookやtwitterで情報を載せているとリンクしてしまい、身バレしてしまい、いろんなリスクが出てきます。
サイト内では知り合いでも来ない限り、直接的にバレることがないので、軽い気持ちで教えてしまわないように気をつけましょう

上記の対策として、本名の代わりにニックネームをつくっておくことはもちろんですが、本名を聞かれた時の仮名(姓・名)を用意しておきます。
年齢は上下3歳くらいまでであればごまかせます。年齢より若く見える人で実際の年齢より若く見せたい方はそれでもいいでしょう。念の為誕生日も実際の日にちは教えないように仮の日付を決めておきましょう。
住んでいる都道府県も隣にするなど変えましょう。
職業はよく聞かれるので、男性に人気の職種(ナース・スチューワーデス・女子大生・保育士など)を用意しておくことで稼ぎを増やすことができます。

また、プロフィール写真ですが、間違っても他のSNS(Twitter・Facebook・Instagram)やLINEなどで使っているプロフィール写真は避けてください。

声についても特徴がある人は特に要注意です。
普段と違う話し方や声をする方がいいでしょう。難しければマイクを通さずタイピングだけでやる方法もありますが、稼ぐためには直接声を発した方がいいのは言うまでもありません。

3-2.親バレ・旦那バレ対策まとめ

家族には「コールセンターの仕事」などと言っている場合が非常に多いようです。
確かに話す仕事ということで間違いはありません。間違ってもチャットレディをしているということを誰にも口外しないようにしてください
携帯やパソコンを誰にいつみられてもいいように設定しておきましょう。
パスワードをかけることはもちろんのこと、サイトの閲覧履歴から削除しておくことをおすすめします。
直接的にバレることがなくても、急に金遣いが荒くなったり、ブランド品などが増えると怪しまれてしまいます。そのあたりも細心の注意を払って行動しましょう。

4.チャットレディがバレた時の対策

極力あってはならないですが、万が一バレた時の対応も考えておかねばなりません。
まずは「否定すること」が大切です。動画を見せられても「似ている」「他人の空似」であることを強調しましょう。認めてしまったら負けです。

また、他のノーマルなライブチャットなどに登録しておくことでライブで「普通の話をしたりしてるだけ」と主張できるのでそちらもやっておきましょう。
近年では、多くのユーザーに認知されているサービスも多いので安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
チャットレディをやる上でもっとも気になる身バレのリスクについて考えていきましたが、リスクは一定以上あるもののそれに対する対策もそれなりに方法がたくさんあることがわかります。
多くのお金を稼ぐということにリスクはつきものですが、対策をしない理由もありません。これらの対策を活かしてリスクを少なくし、多くを気にせずチャットレディでたくさんお金を稼いでいただければ幸いです。


2019年7月31日 カテゴリー: 新着情報

▲ PAGE TOP