チャットレディも確定申告は忘れずに!会社に副業がバレない方法も | チャットレディアリスのお役立ちコラム

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディも確定申告は忘れずに!会社に副業がバレない方法も

チャットレディとして働いていると、誰もが気になることは確定申告など税金の手続きです。どのような場合に、確定申告が必要となるのか分からない人も多いでしょう。また、会社員として働きながら、副業としてチャットレディの仕事をする人にとっては、確定申告で副業が会社にバレないのか不安に思っている人も少なくありません。

そこで、この記事では確定申告が必要となるチャットレディの条件や会社にバレずに確定申告を済ませる方法を解説します。これらの情報を参考にすれば、誰でもスムーズに確定申告を行えます。確定申告の手続きに不安を抱えている人は、参考にしてください。

1.チャットレディも確定申告は必要

確定申告は、一定額以上の所得を得ながらも、源泉徴収を受けていない人に義務付けられています。源泉徴収とは、税金を毎月の給与から天引きして、会社が納税する仕組みです。業務請負契約で個人事業主として働く人や雇用契約で給与を得ながらも源泉徴収を受けていない人は、一定の条件を満たすことで、自ら確定申告を行わなければなりません。

ここでは、確定申告の意味や必要となるチャットレディの条件、手続きを怠った時のペナルティを解説します。

1-1.確定申告の意味

確定申告は、前年の1月1日~12月31日までの所得を税務署に申告し、所得税などの税金を納税するための手続きです。2月16日~3月15日までに住所地を管轄する税務署で行います。

確定申告の基本的な流れは次の表の通りです。

順番 手続き 詳細
1 確定申告に必要な書類を用意 生命保険料控除証明書、地震保険料控除証明書、源泉徴収票(給与所得がある人)などの必要書類を用意。
2 確定申告書の準備 国税庁のホームページで、確定申告書「A」もしくは「B」を入手。チャットレディを本業にしている場合や副業でも20万円以上の報酬を得ている場合は、事業所得に該当するため申告書「B」を選択。
3 確定申告書の作成 国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」で確定申告書を作成。
4 確定申告書を提出 管轄税務署で確定申告書を提出し、所得税などの税金を納税。

1-2.確定申告が必要になる条件

チャットレディとして働いているすべての人が、確定申告を行うわけではありません。確定申告を行わなければならない人は、次の条件を満たす人です。

  • ・チャットレディ以外で所得を得ていない人:年間所得が38万円を超える
  • ・チャットレディ以外の給与を1か所から得ている人:年間所得が20万円を超える
  • ・チャットレディ以外の給与を2か所から得ている人:年末調整を受けていない給与とチャットレディの所得の合計額が20万円を超える

以上の条件を満たさない場合でも、株や不動産の取引などで所得を得ている場合は、確定申告が必要となるケースがあります。

基礎控除の額は38万円であるため、年間所得が38万円を超えるまでは確定申告が必要ではありません。

注意点は、年間収入ではなく年間所得で確定申告の必要性を判断することです。所得は、収入から経費を引いて求めます。そのため、チャットレディとしての収入が38万円もしくは20万円を超えていても、経費の額によって所得が基準に満たない場合は、確定申告は必要ありません。

1-3.確定申告を行わなかった時のペナルティ

確定申告の義務があるにもかかわらず行わなかった場合は、ペナルティが課される恐れがあります。一例として挙げられるのが、無申告加算税です。確定申告書を期限までに提出しなかった場合、本来納付すべき税額に一定の割合を乗じた金額(50万円以下は15%、50万円を超える分は20%)が加算されます。

また、確定申告の期限は所得税などの納税期限です。そのため、確定申告を行わずにいると、納税期限の翌日から納付日までの期間に応じた延滞税が発生します。平成30年分における延滞税の税率は、納税期限の翌日から2ヶ月を経過するまでは2.9%、2ヶ月を経過後は8.9%です。確定申告・納税を先送りしていると、延滞税が高額となる恐れがあるため注意しましょう。

確定申告を怠ったことで最悪の場合、悪質な脱税であると認定される可能性があります。悪意のある申告漏れに課される重加算税は、本来の税額に35~40%の加算額です。さらに、最大で10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が科される可能性があります。

2.青色申告と経費計上で税金を安くできる

確定申告を行うと、所得税などの税金を納めなければなりません。納税は国民の義務ですが、1円でも納税額を安く抑えたいと思っている人が多いです。チャットレディも、通常の個人事業主と同じように、青色申告と経費計上という納める税額を軽くする制度が利用できます。

ここでは、青色申告と経費計上の仕組みを解説したため、税額を少しでも軽くしたいと考えている人は参考にしてください。

2-1.最高65万円の特別控除が受けられる青色申告

確定申告は、大きく「白色申告」と「青色申告」に分かれます。白色申告と青色申告を比べると、簡易帳簿を選べて確定申告の提出書類が少ない白色申告の方が手軽です。しかし、青色申告を選べば、最大65万円の特別控除が受けられます。

青色申告で65万円の特別控除を受ける場合は、複式簿記で帳簿を付けなくてはなりません。複式簿記以外の記帳方法では、青色申告でも控除額は10万円です。また、確定申告では、「確定申告書B」と損益計算書・賃借対照表・収支内訳書・控除証明書類の提出が求められます。

青色申告を申請できる人は、チャットレディの所得が雑所得ではなく事業所得に該当する人です。明確な線引きはありませんが、独立・継続・反復して行われる仕事により得た所得は事業所得と認められる可能性があります。

青色申告の申請時は、納税地を所管する税務署長に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しましょう。申請書の提出時期は青色申告する年の3月15日までです。期日が土日と重なる場合は、月曜日に繰り下げられます。1月16日以降に新規で開業した人は、開業後2ヶ月以内に申請書を提出しましょう。

2019年分の所得を青色申告にしたい場合は、2019年3月15日までに申請書を提出
2019年分の青色申告申請期限
2019年3月15日
(1月16日以降に開業した場合は2ヶ月以内)
2019年に得た所得は2020年3月15日までに確定申告&納税
2019年分の確定申告期間
2020年2月16日~3月15日

2-2.所得額を減らして税額を軽減できる経費計上

所得税は、1年間に得た全ての所得から所得控除を引いて求めた課税所得に税率を適用して求めます。所得は事業所得や不動産所得など全部で10種類に分かれますが、チャットレディとして得た所得は通常、事業所得です。事業所得の計算方法は次の式で求めます。

  • ●事業所得=1年間の総収入金額-必要経費-青色申告特別控除額

この計算式からわかる通り、必要経費が多ければ課税対象となる事業所得は少なくなります。必要経費とは、所得を得るためにかかった費用です。チャットレディの場合、WEBカメラ・ヘッドセット・パソコン・通信費・洋服代・化粧品代などが必要経費にあたると考えられます。必要経費の計上には領収書・レシートの保管が必要です。

ただし、チャットレディの仕事を行うために掛けた全ての費用が経費として認定されるわけではありません。経費として認められるかの判定は、税務署が行います。経費計上の可否について、詳細は管轄の税務署で確認してください。

3.チャットレディの副業が会社にバレたくない場合は?

市町村から会社に住民税を通知する特別徴収が行われるため、個人で確定申告を行うと、副業をしていることが会社にバレる可能性があります。基本的に職種まではバレませんが、納税額から実際の副業所得額が推測可能です。

副業を知られたくない人は、「確定申告書B・第二表」の「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」にチェックをいれましょう。これにより、本人宛に住民税を通知する普通徴収が行われるため、会社に副業がバレる心配はなくなります。

ただし、すべての市町村が完全に同じ対応となるわけではありません。絶対にバレたくない人は、専門家のサポートを受けましょう。

3-1.確定申告が心配なら専門家サポート付きの事務所がおすすめ

チャットレディ事務所の中には、顧問税理士や経理担当者が確定申告など税金関係の手続きをサポートするところがあります。専門家による税金関係のサポートが手厚いチャットレディ事務所であれば、詳しい税金の知識がない人でも安心です。

税金などお金の手続きに不安があるままだと、チャットレディとして長く稼ぎ続けられません。税金関係に不安のある人は、専門家によるサポートが受けられるチャットレディ事務所を選ぶようにしましょう。

まとめ

アルバイト感覚で働いていたとしても、所得が一定額を超えるチャットレディは確定申告が必要です。先送りにしていると、税務調査が入って延滞税などのペナルティを課される恐れがあります。

所得税額が気になる人は、青色申告制度や経費計上を利用しましょう。青色申告を使えば、最大65万円の控除を受けることで、所得税額を減らせます。会社に副業がバレたくない人は、確定申告書を作成する時に住民税を自分で納付するようにチェックしましょう。

これらの手続きが面倒な人は、専門家による税金のサポートが受けられる事務所への移籍を検討してみてはいかがでしょうか。


2019年4月25日 カテゴリー: 新着情報

▲ PAGE TOP