チャットレディ必見!男性の目的・タイプ別の対応方法を解説 | チャットレディアリスのお役立ちコラム

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

チャットレディ必見!男性の目的・タイプ別の対応方法を解説

チャットレディは手軽に高収入が目指せるため、女性から人気の在宅ワークです。一方で、女性の中にはなぜ男性がライブチャットを利用するのか、疑問に思う人もいるでしょう。

男性がライブチャットを利用する目的はさまざまであるため、それぞれの目的・タイプ別における対応方法を理解しておけば、比較的稼ぎやすくなるでしょう。

今回は、男性がライブチャットを利用する目的と、タイプ別の対応方法を紹介します。これからチャットレディを始めたい人や、よりコミュニケーションの質を高めたい人は、参考にしてください。

 

1.【男性の目的・タイプ別】チャットレディの対応方法

ライブチャットにはさまざまな男性会員が存在し、利用する目的は人それぞれで異なります。ライブチャットを利用する男性会員の目的を把握すると、相手を喜ばせることが可能です。

ここでは、ライブチャットを利用する男性の目的・タイプ別に、最適な対応方法を紹介します。

 

1-1.可愛い女の子と話したい男性

可愛い女の子と話したいという気持ちは、多くの男性に共通します。しかし、全ての男性が日常生活の中で可愛い女の子と話せるわけではありません。職場に異性が少なかったり、出会いが少なかったりするなどの理由で、そもそも女の子と話す機会が少ない人も多くいます。

そのような環境にいる男性は、可愛い女の子と話すためにライブチャットを利用します。

◯可愛い女の子と話したい男性への対応方法

可愛い女の子と話したい男性に対しては、とにかく楽しく会話することを心掛けましょう。笑顔で会話し、自分も楽しんでいることをアピールすると、相手の欲求を満たせます。ただ相槌を打つだけでなく、自分からも質問して相手への興味を示すことも重要です。

 

1-2.疑似恋愛を楽しみたい男性

ライブチャットの2ショットトークでは、女の子と2人だけの空間を味わうことが可能です。疑似恋愛を目的に多くの男性がライブチャットを利用します。

疑似恋愛を求める男性のタイプはさまざまです。単に女の子との出会いがない人もいれば、彼女や奥さんがいながら刺激的な恋愛をしたい人もいます。また、疑似恋愛を求める男性は、太客になりやすいことも特徴です。上手く対応できれば、リピートによる収入アップにもつながります。

◯疑似恋愛を楽しみたい男性への対応方法

疑似恋愛を楽しみたい男性に対しては、恋人気分を感じさせることが有効です。いわゆる色恋営業とも呼ばれ、あたかも本物の恋人であるかのように接します。「〇〇さんと話している時間は本当に楽しい」「〇〇さんは特別な存在」などの言葉をかけ、リピートを促しましょう。

 

1-3.承認欲求を満たしたい男性

多くの男性には、心のどこかに承認欲求が存在します。男性の心に承認欲求が生まれる原因は、「男は強くあるべき」「男らしさを持つべき」と思われるシチュエーションが多いためです。

全ての男性が自身の承認欲求を満たせているわけではなく、特に異性からモテない男性は、他人から認められたい気持ちが強まりやすい傾向です。そのため、ライブチャットを通じて女性が心の拠り所になってあげれば、相手は自分に依存してくれます。相手の承認欲求を満たすことができれば、リピートにもつながるでしょう。

◯承認欲求を満たしたい男性への対応方法

承認欲求を満たしたい男性に対しては、相手を肯定することが重要です。「凄いですね」「うらやましいです」などの言葉をかけると、相手の自尊心を刺激できます。

 

1-4.アダルト目的の男性

「女性の裸体を見たい」「人に言えない性的欲望を満たしたい」などの理由で、ライブチャットを利用する男性も少なくありません。

ただ性欲を満たすだけであれば、アダルトビデオでも事足ります。しかし、ライブチャットにはライブ配信ならではの臨場感があります。目の前にいる女の子で性欲を満たせることが、男性にとってのライブチャットの魅力です。

◯アダルト目的の男性への対応方法

アダルト目的の男性を満足させるためには、相手の要望に応えてあげることが効果的です。相手を焦らしてトーク時間を伸ばしつつ、画面越しに性欲を満たしてあげましょう。ただし、ノンアダルトのライブチャットでは、服を脱ぐことが禁止されています。

チャットレディはノンアダルトよりもアダルトのほうが稼ぎやすい傾向にあるため、抵抗が少ない場合はアダルトを選択しましょう。

 

1-5.自慢話を聞いてほしい男性

自慢話を語りたがる男性はたくさん存在します。たとえば、昔ヤンチャしていた頃の話や、仕事が上手くいっている話などです。特に、周りに自慢話を聞いてくれる人が少ない男性ほど、ライブチャットで自慢話を語る傾向にあります。

◯自慢話を聞いてほしい男性への対応方法

自慢話を聞いてほしい男性に対しては、楽しそうに聞いてあげることが重要です。「凄いですね」「尊敬します」などの相槌を打ちながら話を聞きましょう。

もちろん、自慢話の内容がつまらないこともあります。しかし、つまらなそうな表情を見せたり、話を逸らしたりすることは厳禁です。自慢話を語る男性は、自分を認めてほしいと考えているため、どのような内容の話でも楽しそうに聞いてあげましょう。

 

1-6.出会い目的の男性

ライブチャットを利用する男性の中には「あわよくば女の子と恋人関係になりたい」と考える人もいます。出会い目的の男性の特徴は、ライブチャットを出会い系サイトと勘違いしていることです。規約で禁止されていることを認識していながらも、「今度一緒に遊ぼう」「良いお店があるから一緒に行こう」などとしつこく迫ります。

◯出会い目的の男性への対応方法

出会い目的の男性に対しては、まずは優しく断ります。数回断っても聞いてくれない場合は、利用規約で禁止されている旨を強く伝えましょう。あまりにしつこい場合は、NGユーザーへの設定(ブロック)も検討してください。

ライブチャットでは、ストーカーを始めとするトラブルを防止するために、ユーザー同士が実際に会うことを禁止しています。実際に会ってしまうと、規約違反で仕事ができなくなる可能性もあります。万が一、自分が相手に対して好意を抱いたとしても、実際に会うことは厳禁です。

 

2.ライブチャットを利用する男性の年齢層

ライブチャットを利用する男性の年齢は、30〜40代が中心です。ライブチャットの利用料金は決して安くないため、経済的余裕のある30〜40代が積極的に利用しています。年代ごとの男性の特徴は以下の通りです。

◯20代

20代の男性は、経済的な余裕がない傾向にあります。トークを長引かせようとしても資金が少ないため、長時間滞在してくれるケースは多くありません。ただし、20代後半の場合は少しずつ経済的な余裕が生まれるため、良客になってくれる場合もあります。

◯30代

30代の男性は、お金を積極的に使ってくれる傾向にあります。上手く対応すれば、太客になることもあるでしょう。加えて、色恋営業が成功しやすい点も特徴です。

◯40代

40代の男性はライブチャットのメイン客層であり、かつ経済的余裕のある層です。ライブチャットで遊び慣れているケースも多く、安心してやりとりを進められます。稼ぎたい場合は、40代の男性ファンを増やすことがおすすめです。

◯50代

50代の男性は、純粋に会話を楽しみたい人が多い傾向にあります。ただし、純粋に会話を楽しみたい人が多い分、色恋営業はあまり成功しません。50代の男性に対しては、会話で楽しませることを意識しましょう。

 

まとめ

今回は、ライブチャットを利用する男性の目的と、それぞれのタイプ・目的別における対応方法を解説しました。

男性の目的によって、最適な対応方法は異なります。目的に応じて最適な対応をとれば、男性の満足度が高まるだけでなく、リピーターになる可能性も高くなるでしょう。稼ぐうえでリピーターの存在は欠かせないため、少しずつ実践することが重要です。

ライブチャットを利用する男性の目的を把握したうえで、チャットレディとして働けるようにしましょう。

2021年3月22日 カテゴリー: 新着情報

▲ PAGE TOP